NEW POST

暑さ寒さも彼岸まで

このところ、とっても暖かくなりましたね。058.gif
もう「春が来た」と安心できるのでしょうか・・・
もうすぐ20日は 『春分の日』です。
“暑さ寒さも彼岸まで”と申しますから、もう大丈夫でしょう^^

『春分の日』とは、
立春と立夏のまん中、
昼と夜の長さがほぼ同じになる日、
お彼岸の中日でもあります。

ちょうど真ん中で、「さてっ!」と季節も気分も切り替わる合図のような日ですね。
いよいよこれから本格的な春を迎えるのです。
なんとなく心もウキウキ♪するので不思議です。

「祝日法」では、春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」と記されています。
全ての生物が目覚めて、ぐんぐん成長できる季節です。056.gif
春は素晴らしいです。

「彼岸」は太古には「日願」と言ったそうです。
昔は太陽こそが神様だったということのようですが、ちょっと納得です。
太陽がもたらしてくれる春の訪れに、ちゃんと感謝いたしましょう~!

ところで、いきなりの食い気ですが・・・
この日に欠かせないのが「ぼたもち」
昔は良く母がつくっていました。
同じものでも秋には「おはぎ」と呼ばれます。
春の「牡丹」に秋の「萩」と季節の使い分けですね。
何でもこの国には情緒があって素敵です。

ずいぶんと前置きが長くなりましたが、江戸小紋にはこんな素敵な「牡丹」の文様があります。

d0138852_18131596.jpg
春に、豪華な大輪の花を咲かせる「牡丹」は、春の太陽の恵みをいっぱい受けた、とても幸せな花です。

『牡丹唐草文様の江戸小紋』
ホームページではこちらから




d0138852_18132967.jpg何と言っても「牡丹」は明るい日差しを目いっぱいもらった花ですので、すばらしい幸せを運んで来てくれることに間違いございません。

『牡丹文様の江戸小紋』
ホームページではこちらから




色んな幸せ、そして時には「棚から○○餅!」とラッキーも招くキュートなお花です。016.gif






ちょっとブログの更新が遅れ気味になっていました。
実は、「花粉症」が辛いと病院にまいりましたら「それより、確実に風邪ですね」と診断され、ずいぶん疲れがたまっておりましたようで、お恥ずかしい・・・。
「暑さ寒さも彼岸まで」ですから、そろそろ治ってくれるでしょう~と思います。
皆さまも、「花粉症デビュー^^」なんて自己診断なさらず、ぜひお医者様に診て頂きましょうね。

季節の変わり目ですから、春の風邪にはどうぞご注意を!!
by someichie | 2009-03-18 18:23 | 江戸小紋の文様