NEW POST

「すみれ市松」と「恋文講座」

 恋文に思い巡らせていましたら、ふと、この冬に染めあがった江戸小紋“すみれ市松”が目に留まりました。
d0138852_20334583.jpg

 何人かのお客様に「素敵なお色ね~」とお褒めの言葉を頂きました。
 どなたも優しい笑顔で手に取って下さいました。

 はい。そうなんです。
 本当に素敵なお色なのです、“すみれ色”。
 春の訪れを告げる色です。
 そして恋のはじまりを予感させる色でもあります。
 「恋文」と「すみれ色」。ちょっといい組み合わせです。
 
 そして、この「すみれ市松」の柄は、縦と横が垂直に交差する“通し”文様を穴の大きさを変えることで「市松」にした柄です。
 “通し”とは「筋を通す」という意味があります。
 
 やさしいすみれ色に筋の通った通し文様の組み合わせ。
 明日は立春。春の始まりです。
 宛先はともかく、ちょっと大人の粋な恋文でもシタタメテみたい気分になります。

 「すみれ市松」ホームページでのご案内こちらから


 先日、素敵な女流書道家の彼女がお店に遊びにいらしてくださいました。
 この「すみれ市松」が似合う季節には、彼女の筆が「恋文講座」に春一番を届けてくれることと思います。056.gif
 
 
by someichie | 2008-02-03 20:42 | 江戸小紋の文様