NEW POST

猛暑日のお稽古は小千谷さんでほっこり

8月後半となり猛暑が続いています。今年は残暑が厳しくなりそうですね。
そんな猛暑日に、素敵なお客様をお迎えいたしました!

暑い日だからこその麻!
小千谷ちぢみの可愛らしいコーディネートをご披露下さいましたN様です(*^-^*)


猛暑に負けないコーディネート
手織り小千谷ちぢみ×紗八寸帯

d0138852_15375181.jpg

お昼間の気温35度、そんな日のお稽古には何を着ましょうか?悩ましい・・・(>_<)
N様は今日はお茶のお稽古でした。座ったり立ったり、それだけで汗が滲みそうな日には、やっぱり小千谷さんかな!
そしてお選び頂いたのは、昨夏におあつらえ下さいました手織りの小千谷ちぢみです。

もう何度も着ていますが、夏には大活躍です!!お家でお手入れもできて、汗をかいても安心♪デザインもユニークで、お色めも良くお似合いです。真夏日や猛暑日の合図が出たら、迷わず小千谷さん!!


d0138852_15382095.jpg

長襦袢はこちらもお洗濯OKの「海島綿(かいとうめん)」をあわせて下さいました。吸湿性抜群の海島綿に発汗性抜群の小千谷ちぢみ、お昼間の一番暑い時間というのに、青山通りを歩いてご来店下さいました。さすが夏の天然素材でございます。

小千谷ちぢみなどの麻のお着物は、シワが気になったり、座った時の膝の部分がぽっこり出ちゃったり、心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、それは、麻のこと!やっぱり絹とは違うのです。だから、そのシワさえも見る目には、ほっこりとした癒しを感じさせてくれるもの。

あんまりにも気になった時には、少し濡れた手でポンポン抑えてあげたりして頂くと、何となくシルエットがスマートになるかと思います。でも、スマートよりもほっこり!それが小千谷ちぢみの着物の可愛らしいところなんです。

d0138852_15383393.jpg

そしてこの日コーディネート下さいましたのは、帯屋捨松さんの紗八寸帯です。真夏にはとてもオススメの八寸帯は、帯芯なしでお仕立てするので、その分とても軽くて、しかも捨松さんの八寸帯は大変に軽めですので、こんな日にはぴったりです。

N様は、この「角出し」結びが大変にお上手です。角出し結びは帯枕を使わないので、長い時間帯結んでいても背中に負担がなくて、何しろ涼しい。こんな季節のカジュアルシーンにはぜひマスターしておきたい帯結びですね。特に八寸の軽い帯には向いている帯結びです。夏に限らずカジュアルシーンを粋に可愛らしくしてくれる帯結び。小柄なN様にもとても良くお似合いです、ネ(^_-)-☆

さて、8月も終盤!
今年は連続20日超の雨が続いた東京地方ですが、やっと晴れ間の続く夏となりました。真夏の着物にお袖通してないな(>_<)の方は、ぜひ一度はお召しになってお出かけを楽しんで下さいね。今年の夏は今年だけ!!

N様、この度は暑い中をお立ち寄り下さり、素敵な着姿をご披露下さり誠にありがとうございます。後姿もとっても可愛らしくて、夏の装いもまた風情があって素敵です。一年を通じてお着物に親しんで下さいますN様、移り行く季節をどうぞまたお楽しみ下さいませ。ありがとうございます。



*お知らせ*
お店では、お客様おあつらえ写真集にご登場頂けますお客様をお待ちしております。どうぞぜひ、おあつらえ下さいましたお着物で、遊びにいらして下さいませ!!または、ご着用のお写真をお送り下さいましても嬉しいです。(お顔NGの場合はそのようにさせて頂きますのでご安心下さい)楽しみにお待ち申し上げております   

by someichie | 2017-08-24 16:46 | お客様のお誂え写真集