NEW POST

サクラ咲く🌸素敵な春の万筋文様江戸小紋


春4月桜満開の頃となりました。
地の良い春の日に、素敵なお客様をお迎えいたしました。

江戸小紋通ならば、ぜひお袖を通してみたい「万筋」文様。

本日のお客様は、万筋文様江戸小紋カジュアルコーディネートをご披露下さいましたN様です。


d0138852_12043395.jpg

墨色とも紫とも焦げ茶ともつかぬ、しっとりとした微妙なお色で染め上がった万筋(二ツ割)文様です。昨年の春にお求め下さって、八掛けのオーダー染を頂いたりしているうちに春が来て・・・

秋が来るとN様は、年明けに大事な受験を控えたお嬢様のことでお心がザワザワ(^^;
でもこの春、お嬢様はみごとに美しいサクラを咲かせて下さいました。
そしてやっと、肩の荷が下りワ~(^^♪と素敵な着姿をご披露下さいましたのです。

d0138852_14582093.jpg


あわせて頂いている帯は、帯屋捨松さんのしゃれ袋帯「シャモニーの風」です。
捨松さんらしいポップなデザイン、紬地にサビ感のある金糸使い、シャモニーはフランス北部のシャモニー=モンブランのことで、美しい高原を吹く風を感じる清々しいデザインです。

風の色を一色拾って、鮮やかなターコイズ色の帯揚げが効かせ色のコーディネートで、清々しい春の装いです。

この日はお茶のお稽古帰りのN様です。お茶会にはフォーマル帯に着替えて頂けると万筋のお着物はとても重宝いたします。どんな帯も見事に受け入れてくれるのは、万筋文様の醍醐味でございます。

本当は、八掛は「雪月花」の飛び柄をお染めしています。うっかり撮影させて頂くのを忘れてしまって残念でございますが、八掛までこだわってあげると、より一層末永く愛しいお着物になることと思います。


d0138852_12045496.jpg


この春大学生さんになられたお嬢様もとてもお着物好き。この一年は受験勉強のために着物でお出かけなんて余裕はありませんでしたが、受験勉強から解放された3月下旬には、早速お二人お着物で歌舞伎鑑賞にお出かけになられました。

N様は、お若い頃のお着物や、お母様のお着物などのリメイクもご相談下さっています。母から娘へそしてまた娘へと、上手な「くりまわし」も楽しんで頂いているのです。

古いお着物に少し手を加えたりコーディネートを工夫したり、そして新しい着物や帯を少しずつワードロープに加えて頂きながら、ご自分らしいお着物ライフをお過ごしのN様でございます。

そうそう、この捨松さんの帯「シャモニーの風」も、お若い頃にお母さまがご用意された可愛らしい付下げを現代風にかっこよくコーディネートできないかしら、とのご相談でお求め頂いたものですが、今回のコーディネートにもぴったりです。

N様、この度は素敵な着姿をご披露下さり誠にありがとうございます。気分晴れ晴れ素敵な女子大生になられたお嬢様にも、ぜひまたお会いできますのを楽しみにしております。


※「万筋」文様江戸小紋は、染め上がりの反物を随時ご紹介しております。何しろ型付けの難しい万筋は、地色だけでなく目色にも職人さんが微妙なサジ加減でお色を調節して頂いています。素敵な染め上がりの反物に、ぜひ会いにいらして下さいませ。


*お知らせ*  
お店では、お客様おあつらえ写真集にご登場頂けますお客様をお待ちしております。
どうぞぜひ、おあつらえ下さいましたお着物で、遊びにいらして下さいませ!! 
または、ご着用のお写真をお送り下さいましても嬉しいです。 
(お顔NGの場合はそのようにさせて頂きますのでご安心を) 
楽しみにお待ち申し上げております   

by someichie | 2017-04-05 16:02 | お客様のお誂え写真集