NEW POST

紬に江戸小紋を染める

 2010年2月20日発売の雑誌『美しいキモノ』で(当店の紹介内容はこちらクリック) 、玉糸紬の白生地に染めた江戸小紋が紹介されたのを機に、このほど、その色違いを染めました。
 
 江戸小紋は本来、ちりめんのしなやかな生地に染められた着物です。
 カジュアルなお出かけから、帯次第でフォーマルな席にも気おくれすることなく、さらに紋を入れれば略礼装になるものもあり、大変重宝な着物です。
 
 江戸小紋好きのお客様の中には、あまり紬は着ません!というお声もちらほら。。。
 でも、楽しいお着物ライフ、紬だってたまには着てみようじゃないですか!?
 なんといっても、着ていても丈夫でハリのある感じが安心感を与えてくれます。
 ということで染めた、いわゆる「後染めの紬」です。

 先染めの紬に比べると、さすが江戸小紋!
 単なる洒落着というだけでなく、ちょっとしたパーティにもOKの素敵な仕上がりになりました。 

 こちらが、つい昨日染めあがってまいりました「玉糸紬に染めた竹節文様江戸小紋」 049.gif
d0138852_17571831.jpg

 この反物の詳しいご説明は、こちらをクリック^^v

 この色違いを店長がお店で着ています。
 店長の感想:
 思ったより硬さがなく、結構しなやかで肌にそうのでビックリ。何度も着ているほどに着やすくなります。それでも生地にハリがあるので、いつもの江戸小紋と違って、なんとなくお尻やお腹ポッコリの体型が隠れてくれるのが、ちょっと嬉しい^^
 織りの帯もあわせられるので、江戸小紋に合わせて持っている帯がそのまま使えて良い良いです^^v

 

 また、こちらは、真綿紬に染めてみました。「雪輪文様の江戸小紋」です。
 この節の多い生地に、こんな細かい文様を染めてしまうのが、とっても憎い逸品です。
d0138852_187722.jpg
 
 さらに、こちらは、ツルンとした大島風で、ところどころに少し節のある紬地に染めた、「極)変わり麻の葉文様の江戸小紋」です。このシックでカッコ良い紬は、お仕事シーンにも使えそうです!
d0138852_1895371.jpg
 


 どうでしょう~?

 いつもの「ちりめん地」とは一味違いますが、ぜひ一度手触りなどを確かめて見て頂ければと思います。
 
 雨の心配な単衣の季節などには、丈夫で繊細な、江戸小紋染めの紬がとっても重宝しそうですね^^v

 もちろん、通常の「お誂え江戸小紋」と同様に、生地の種類と色柄を選んで頂けましたら、お誂え染めを承ります^^v

 どうぞ色々ご相談くださいませ。
 
 

 

 
 
by someichie | 2010-02-27 18:14 | 江戸小紋のお誂え