NEW POST

おあつらえ「文様」 トップ3

 お店をはじめて1年半が過ぎました。
 江戸小紋のおあつらえ!
 こんなちっぽけなお店ですが、今まで沢山のお客様に「おあつらえ」のご注文を頂いてまいりました。
 夕方からどしゃぶりの雨の今日。
 暇にまかせて、ふと、今までどんな「文様」のご注文が一番多かったのかな?なんてことが気になりまして、調べてみました。

 そんな1年半ぐらいでどうなの~!?というご意見もあろうかと思いますが、“のれん”が続きましたら、2年め3年目で、またお知らせしますので・・・とりあえず^^v

 発表しま~す。

 第一位:やっぱり『鮫(さめ)』文様 
 今までのお誂え総数に占める割合は、なんと30%です。
d0138852_16541416.gif

 ということで、本日、ホームページの“文様のお話第2回”ではこの「鮫文様」のお話をアップしました。
 こちらからご覧ください^^

 第2位:『植物』文様
 今までのお誂え総数に占める割合は、20%です。

 植物の文様は多種多様にありまして、「梅」「桜」「菊」「松」・・・その他「唐辛子」まで含めますと、とっても沢山の種類の柄をご用意しています。

 1年半ぐらいの間には、同じ柄を注文なさる方はまずないだろう~なんて、思いましたけど、いえいえそんなことはございません。

 こちらの「地落ちの“梅の花”」大変人気がございます。
d0138852_1732471.gif

 しかしながら、この「地落ち」というのがクセモノで、
模様の輪郭の外側がとっても細かい点々で埋め尽くされていて、染めると模様の部分が地色に染まって浮き上がるという、「型紙彫り」も「染め」も大変難しい技術を必要とします。
 とっても可愛らしい柄ですが、江戸小紋の高度な技術で描かれる通好みの柄でもあります。

 第3位:なっなんと『万筋』文様
 今までのお誂え総数に占める割合は、12%です。

 大変貴重な型紙で、とても高度な染めの技術を要する、江戸小紋の最高峰の一つです。
 伊勢型紙を手付けで染めた『万筋』は、プリントの『万筋』とは全く異なるものです。

 詳細はこちらをクリック! (バックナンバー「万筋」)にて

 お店に一反分染め上げた「万筋」がある時には、お客様にもお着付けさせて頂いています。多くの方が息を飲まれる、とっても自慢の逸品です。
 でも、ちょっとお値段が他のとは比べモノにならないぐらい高価なので、“いつかは・・・万筋”(かなり古いCMコピーでスミマセン^^;)とお話しています。

 先日ご紹介頂いた、近藤ようこさんの漫画エッセイ『着物いろはがるた』の中でもご紹介しています。
d0138852_1701638.gif

 言葉でぐちゃぐちゃ言うよりも、本当はお手元でご覧頂くのが一番!
 今なら何色かお店にございます。
 宜しければ、身にまとうだけでも、まとってみませんか?


 以上がナンバー3です。
 その他は、4位:幾何文様、5位:大小あられ文様、6位:道具文様、7位:通し、行儀文様、8位:自然文様、9位:吉祥文様となっております。




 さてさて、当店では、お客様だけの色柄をご希望の方には『お試し染め』2週間、そして一反を染めるのに3週間(万筋は2ヶ月)お仕立てをご希望の場合はさらに3週間トータルの「フルコース」ですと、およそ2ヶ月(万筋は3か月)を頂戴いたします。

 夏の間はお店は暇!だと思いますので (「いつも暇そうじゃん!」って、そんな・・・046.gif ) 037.gif とっ、とにかく!いつでもゆっくり色柄のご相談をうけたまわることができます。 
 暑い毎日ですが、お店の中は冷えております。
 ゆるゆると色々ご検討なさいませんか?

 お目にかかれますのを楽しみにいたしております^^v
by someichie | 2009-07-27 17:07 | 江戸小紋の文様