染一会いろいろ「お客様写真集」

someichie.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

伝統文化にふれた夜~Y様の竹節文様おあつらえ

d0138852_1327918.jpg 本日ご紹介のお客様は、週末の日曜日、秋の「お月様」を肴に皆でご飯会!in東京芝とうふ屋うかい!! にご参加下さいましたY様です。
 「とうふ屋うかい」さんは東京タワーの真下にある素敵な日本家屋にお庭の綺麗なお料理屋さん。
 残念ながらお月様には会えず雨の夜となりましたが、東京タワーに降る雨はちょっと幻想的♪  

 こんな日にも素敵に江戸小紋姿でご登場下さいましたY様。
 誠にありがとうございました。

 早速ご紹介いたしますお着物は
 「紫紺色、竹節文様 江戸小紋」

 色々悩まれてお選び下さった「竹節」文様は、タテのラインがとても美しく、すっきりと着こなせる逸品で当店でも人気の文様のひとつです。 紫紺(しこん)の粋な紫も、かっこよく映えます。
d0138852_13293955.jpg
d0138852_13291932.jpg
 何しろY様は紫色が大好き!! 写真ではわかりづらいのですが、この日は半衿も薄紫で、とってもお洒落です。お月見会という名目でしたので、帯には兎を連れて来て下さいました。
d0138852_13305736.jpg
d0138852_13315016.jpg
 わかりますでしょうか?月の兎がほんのり浮かぶ可愛いデザインです。粋な計らいが素敵ですね♪
 とてもほがらかで可愛いらしいY様は、実はお着付けの先生でもいらっしゃいます。なるほどなるほど着こなしもピシッとカッコ良くて素敵ですね~!!

 ところで近頃のY様のマイブームは「文楽」を鑑賞されることだそうです。
 最初は眠くて仕方ないなと思った文楽、でも近頃では、その人形の美しさや衣装の素晴らしさもさることながら、その物語の登場人物たちのキレイ事ではすまされないリアルなの人間の業のようなものが、時として心の琴線にふれると涙があふれるとのこと。。。
 Y様がニコニコと文楽の魅力を語られるご様子を拝見しているだけで、その計り知れない未知なる魅力に引き込まれそう~ぜひ私もそのうち機会を見つけてその世界に足を踏み入れてみたいと思います。

d0138852_1356203.jpg そしてお食事会の最後に、Y様が「折形」をご披露ご伝授下さいました。 「折形(おりかた)」とは、「平安時代から続く日本の伝統礼法の一つで、贈答品の包み、赤飯に添えるごま塩包み、香包み、金包み、扇包み、のし包みなど、それぞれの紙の折り方が、各家や流派によって伝承された」のだそうです。
 この日は「お月見」をテーマに、兎ちゃんの箸置きのつくり方を教わりました。
 ちょっとお酒がまわりはじめた頃で、やや不出来ではありますが、みんな上手に出来ました!

 思いがけず、ささやかな伝統文化に触れることができ楽しい夜でございました!!
 
 文楽も折形も、もっともっとその奥を覗いてみたい気分です。
 Y様、この度は誠にありがとうございました。

 この日の「お月見会^^?」お食事会の様子はこちらで→http://somesan.exblog.jp/19380843/

 ※竹節文様HPではこちらにて→http://www.someichie.jp/SHOP/order1710.html

 そうそう、実はY様のお着物、八掛も型染めなのですが、店長ときたら・・・写真を撮るのを忘れてしまいました(汗; 当店では八掛も表地を染めるのと同じ職人さんが型染めでお染めしています。この日のY様の竹節には、「雪月花」の文字が踊る紫紺色の八掛をお付けしています。
 ※詳細はこちら→http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/73.html

*お知らせ* 
 お店では、お客様おあつらえ写真集にご登場頂けますお客様をお待ちしております。
 どうぞぜひ、おあつらえ下さいましたお着物で、遊びにいらして下さいませ!!
 または、ご着用のお写真をお送り下さいましても嬉しいです。
 (お顔NGの場合はそのようにさせて頂きますのでご安心を)
 楽しみにお待ち申し上げております 
by someichie | 2012-10-29 14:00 | お客様のお誂え写真集 | Trackback | Comments(0)

あこがれの万筋江戸小紋~H様のセンスが光るお誂え♪

d0138852_14375254.jpg 本日のお客様は、
 あこがれの「万筋(二つ割)」江戸小紋、初デビューのH様です。
 H様の万筋は「蝦手色」
 蝦手(えび)色は、やや赤みのあり、ほんのりとやさしい雰囲気のある紫色で、紫紺色のような強さはありませんが、とても肌になじむ深みのある色です。
 大変細かい万筋の柄は、残念ながら全身写真では写らないのですが、鮫などと違い、どことなくスッキリとし立ち姿の映える文様です。

 江戸小紋の中でも「万筋」は大変に人気のある文様ですが、何しろその型紙づくりから染めに至るまで大変に熟練した職人さんの手技を必要とします。
 当店の職人さん(石塚幸生さん)は特に極柄や万筋のような繊細な柄を染めることを得意とする熟練職人さんです。
 万筋の型紙についての詳細はこちらで詳しくご説明していますので、ぜひご覧になってみてください→http://someichie.exblog.jp/7895445/

 近づくと、その繊細な筋文様の集まりにちょっと息を飲むような美しさを感じます^^v
 いつかは万筋・・・そんな思いを込めてご注文頂きました逸品です。
d0138852_14564934.jpg
 実は何しろ月日をかけてご検討頂きました思い入れのオーダーで、迷いに迷ってお決め頂いた色に、八掛もなんと、迷いに迷って・・・江戸小紋の柄をオーダー頂きました^^v
d0138852_14554391.jpg
 八掛の柄は江戸小紋の表地を染める柄よりお選び頂きました。
 「枝垂れ桜文様」です。
  (枝垂れ桜HPではコチラ→http://www.someichie.jp/SHOP/order1906.html
 淵を無地にしているのは、江戸小紋の柄は細かくて点々の多い文様ですので、仕立てた際に表側にほんの1~2ミリほど出る「ふき」の部分にその柄が出てしまわないよう、「ふき」を無地にするためです。これを「額縁染め」と言います。

 う~ん、なんてなんて素敵なのでしょう~~!!

 この日は、雨嵐が予測される日でしたが、勇敢なH様はこれから六本木のサントリー美術館へ某雑誌社主宰の展覧会へお出かけになられました。お着物着用の展覧会ということで、どうでしょうか?お着物好きの皆さまの中でもこの至高の逸品♪ きっときっと目の保養をして頂けたに違いありません^^

 とはいえ展覧会ということで帯はカジュアルに、栗山吉三郎氏の紅型名古屋帯。
 粋になりすぎず、とても可愛らしいH様に良くお似合いのコーディネートです。
d0138852_157439.jpg
 そして実はH様は手芸の達人!! フラワーアレンジメントに編み物、身の回りは手作りの品で溢れています。この日のバッグは「畳のへり」で作ったバックなのだそうで、「え~!?これまた手作りですか!!!?」と驚く店長ですが、またまたコーディネートに良くお似合いですっ♪♪
d0138852_15162848.jpg

 手芸ばかりでなく、近頃ではお茶にも大変熱心に通っていらっしゃるということで、秋はお茶会の季節♪
 どうぞぜひ、素敵な万筋江戸小紋、色んなところにお連れ下さいませ。
 こちらがそのH様。素敵な笑顔も誠にありがとうございました。
d0138852_15111446.jpg

*お知らせ* 
 お店では、お客様おあつらえ写真集にご登場頂けますお客様をお待ちしております。
 どうぞぜひ、おあつらえ下さいましたお着物で、遊びにいらして下さいませ!!
 または、ご着用のお写真をお送り下さいましても嬉しいです。
 (お顔NGの場合はそのようにさせて頂きますのでご安心を)
 楽しみにお待ち申し上げております
by someichie | 2012-10-23 15:17 | お客様のお誂え写真集 | Trackback | Comments(0)

女子力UPの装い~Y様のしっとり華やぐお誂え♪

 今年の9月は猛暑が続いて、お着物でのお出かけが辛かった~せいか、お客様お誂え写真集の更新ができませんでした^^;
 でも10月に入りようやく涼しくなりまして、久々にお誂え写真ご登場のお客様をお迎えできました。

 
 本日のお客様は、これからお茶懐石のお食事会にお出かけのY様です。
 お着物は、朱華色 大小あられ文様 江戸小紋!! 
d0138852_17201973.jpg
 朱華色(はねずいろ)は、まさに字のごとく、華やいだ朱色の地色です。
 江戸小紋の大小あられの文様で白目がハラハラと抜けると、朱色がやわらかく馴染み、しっとりとした風合いがとても美しい江戸小紋に染めがります。
d0138852_17292954.jpg
 日本人の肌の色にとっても馴染む朱華色。
 大変色白でスレンダーなY様にはとっても良くお似合いで、ちょっとうっとり店長です^^v
d0138852_17274588.jpg
 実はY様は、お茶を始められてから初のお誂え!ということでした。
 やはり江戸小紋がいいな♪でもどんな柄にしようかしら・・・。
 日頃はOLさんでいらっしゃいますY様は、お稽古以外のお茶会なども楽しんでお出かけになられます。
 ということは、まずは紋を入れて・・・でも少し可愛らしくて・・・なんてあれこれ悩まれました。
 昨年に染めあげた「朱華色の大小あられ」は当店のオリジナルの染めあがり反物でしたが、お顔うつりをあわせてみると、あら、とっても素敵♪♪
 ということで、背中に一つ紋を入れて!! とっておき!の一枚が仕上がりました^^v
d0138852_17345579.jpg
 この日は茶道家さんが開いておられる茶懐石のお席にご出席なさるとのことで、帯は有職文様「七宝」柄の織り帯で清楚にまとめられました。
 茶席の素敵な空間にやさしく上品に馴染む素敵な装いが仕上がりましたっ!!

 10月最初の土曜日は三連休の初日でした。
 連休の夜を彩る素敵なひととき、きっとお楽しみになられたに違いありません。
 夜にはパラパラときた雨も、帰られる時には上がっていたとのことで、店長晴れ女パワーの念力が通じたのか・・・いやいや^^;Y様の日頃の行いの成果でございます。

 これからいよいよお着物でお出かけの楽しい季節の到来です。
 どうぞぜひ、秋冬と色々お召しになってお出かけ下さいませ。
 この度は誠にありがとうございました。

*お知らせ* 
 お店では、お客様おあつらえ写真集にご登場頂けますお客様をお待ちしております。
 どうぞぜひ、おあつらえ下さいましたお着物で、遊びにいらして下さいませ!!
 または、ご着用のお写真をお送り下さいましても嬉しいです。
 (お顔NGの場合はそのようにさせて頂きますのでご安心を)
 楽しみにお待ち申し上げております
 
by someichie | 2012-10-10 17:46 | お客様のお誂え写真集 | Trackback | Comments(0)