染一会いろいろ「お客様写真集」

someichie.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

月に帰るその日まで、ハートが二つで一つ♪~N様記念日のお誂え

 今回ご紹介いたしますのは・・・^^
 ちょうど一年前「店主の徒然日記~ハートが2つで1つ~Sweet 10 なお話~☆ 」でご紹介させて頂きました
 N様ご結婚10週年の記念に、ご主人様からのプレゼントのお誂え♪ というとっても羨ましい^^
 双葉葵文様江戸小紋(大野信幸作) でございます。
d0138852_14203036.jpg
 一つの茎の先にハート型の葉っぱが二枚セットでつく双葉葵は、図らずも「結婚記念日」の趣旨にピッタリでした。しかも、紫色がお好きというご主人様のご要望にも叶い、記念すべき日の素敵な出会いを果たして頂くことができて、店長も大変嬉しい思いで一杯でございました。

 あれから一年・・・
 まずはもちろん、こちらのお着物でご主人様と記念のディナーにお出かけになり、それからというものは、お着付けのお教室での集いやお出かけにとお召し頂いているとのこと!
 で、やっと店長もじかにお召しの姿を拝見出来る日に恵まれて誠ににありがとうございました^^
d0138852_142746100.jpg
 この日の帯は、友禅作家田邊慶子作「黒地更紗」の染め帯です。
 双葉葵の江戸小紋にもとっても良くお似合いです^^v
d0138852_14284450.jpg
 で、帯揚げは、あの例の・・・当店三周年記念でつくったオリジナル月兎の刺繍帯揚げです! emoticon-0148-yes.gif
d0138852_1440197.jpg

d0138852_1442972.jpg 実は・・・N様と店長は「月うさぎ」の仲間なのでございます^^
 あれ!?また何か変なこと言い出しましたか^^?
 でも、と申しますのは・・・かつて店長も暮らしていた(はず)の月の村の隣村のお生まれで、「月の学校」の後輩ちゃんなのです。
 す、すみません(汗; 私たちの間では、そういうことになっておりますもので、見のがして下さい^^;)
 それでもって、当店の玄関先の番兎の二人に毛糸のマフラー(しかも三日月のアップリケ付き)をこしらえて下さった方で、その番兎の弟はN様のご自宅で可愛がって頂いているという^^
 この地球で再会できたのは、当店が月兎のマークを暖簾に描いて、月から来た兎たちにメッセージを発信したことで、再会できたわけですが、でもいつか私たちは(たぶん店長が先ですけど)やっぱり月に帰って兎に戻り、あちらでも仲良く暮らす予定です。
 つ、つまり・・・いわば!月の親戚^^?なのです。ねっN様^^v
 なのでか、N様のパーソナルカラーはやはり店長と一緒!で「サマー」、好きな色「ラベンダー」なのでございます。

 とはいえ、月に帰る日が来るまでは、地球での仮り暮らしを存分にお楽しみ頂きまして、そしてとりあえず(とりあえずは余計でした^^?)ぜひ「ハートが二つで一つ」のご主人様と、末永く仲良くお過ごし下さいますように♪♪
 
 N様、この度は誠にありがとうございました。
 ぜひこれからも、楽しい月兎のお話ができるのを楽しみに
 いつも、あの目印の暖簾をあげてお待ちしております^^v


 ※双葉葵の文様は京都の大野先生の工房にございます。お試し染めは承ることができませんが、お誂え染めのご相談お請けしております。どうぞお気軽にお問い合わせください。

  
 
by someichie | 2011-12-16 15:01 | お客様のお誂え写真集 | Trackback | Comments(2)

八掛にもこだわって^^V 「松葉」文様おあつらえ♪

d0138852_14471272.jpg 雑誌『きものSalon秋冬号』の表紙にて宮沢りえちゃんがお召しの江戸小紋の柄は「松葉(地型)」。この雑誌が発売されてから、この文様についてお問い合わせを何件か頂戴いたしました^^
 当店にも大変よく似た文様の型紙のご用意がありますので、早速りえちゃんカバーでおつくり頂いたA様、本日のお客様でございます^^
 
 ということで、今回ご紹介いたしますのは♪
 (地型)松葉文様江戸小紋 A様のボルドー色でございます!!
 この文様は「地型」といって、松葉を描く細い線を残して白い部分が彫ってあるという、一見すると松葉の線が彫ってある型なのかと思いがちですが、逆です!つまりとっても繊細な型紙を使って染められているのです。
 なにしろ白い地に敷松葉の繊細なラインが美しくとっても清々しいモダンな江戸小紋が仕上がります。
 HPではこちらでご紹介→http://www.someichie.jp/SHOP/order1510.html
 
 深紅のりえちゃんに対してA様はボルドー色でシックに大人っぽく上品に^^v
d0138852_1448266.jpg

 帯は東京友禅作家「染谷洋」作「宝むすび」。
 よく拝見しましたらA様ったら、帯揚げは着物のボルドーにあわせて、帯締めは帯の柄のアクセントになっているターコイズグリーンのお色にあわせて^^v 
 とってもセンスアップなコーディネート、ステキでございますね!
d0138852_14473793.jpg
d0138852_14474837.jpg
d0138852_14472758.jpg
 
 実は「松葉」は、二本離れずに落ちることから、
 都都逸(どどいつ)では
 「こぼれ 松葉を あれ見やしゃんせ 枯れて落ちても二人づれ」と唄われています^^

 ということで、今回のお誂えは「八掛」にもこだわりました!!
 随分前にご紹介した「和のお守り文様」。
 誕生日ごとのお守り文様がわかる本ですが、その中から、ご自身とそして、ご主人さまの「お守り文様」を、八掛に友禅(東京友禅作家、田邊慶子作)で描きました。
 ご自身のお守り文様は「琉球文」、「イイチ・マルグーム文」、そしてご主人様は「蟹牡丹文」。
 二つの文様を仲良く流水がつなぐ、A様オリジナル、夫婦円満、富貴繁栄のはなやかな八掛になりました^^v  
d0138852_14582979.jpg
 そ・し・て^
 うふっ^^
 ハイ!ポーズ♪
 うんうん^^決まってますね^^v
d0138852_14483511.jpg

 そして最後に、寒い毎日となりましたので、道行コートも欠かせませんね。
 ということで、こちらのコートもこの冬、初デビュー!!
 染めの北川、多色ぼかしの大変貴重な小紋地でつくったコートです。

 ※実はここ最近の店長は、こっそりと勝手にセレクトした江戸小紋以外のお着物などを「店長の宝箱」へキープ君をはじめました。。(宝箱がもう少し充実しましたら、追々ご紹介していきたいと思います)
 で、このコート地は今まさに宝箱にキープしようかなぁ~と思っていたところにA様がご来店になり、ご対面~^^
 なるほど、第一印象で心ときめいて頂いたとおり、まことに良くお似合いでございます。

 ということで、A様は、いつもの「被布衿コート」仕立てで^^V
 この冬の大人可愛いい佇まい、美しくみごとに完成いたしました☆
d0138852_14484780.jpg
 

 いかがでございましたでしょうか?
 今回のA様は、こだわりの詰まったとってもステキなお誂えでございます!。
 まさに「お誂え」どころ当店ならではのだいご味を存分にご利用頂けましたこと、心より御礼申し上げます。

 どうぞ皆さまも、「あんなこと」「こんなこと」、できないかなぁ~と思われますことでも、ぜひ一度ご相談下さいね。
 
 いよいよ年末年始!
 楽しいお出かけの増える季節でございます。
 ご自分らしいコーディネートをいっぱいお楽しみ下さいますよう

 A様、いつも誠にありがとうございます!!
by someichie | 2011-12-10 15:48 | お客様のお誂え写真集 | Trackback | Comments(0)

一度見てみたかった^^?「大根とおろし金」

 本日のお客様おあつらえ写真集は^^
 今年の夏に「真夏には茄子が美味しいお誂え」にご登場下さいましたT君の、秋冬あわせのお誂え
 「大根におろし金」文様江戸小紋 でございます!!

 「大根におろし金」は、とっても良くお問い合わせを頂きますが、こんな柄ですemoticon-0148-yes.gif
d0138852_1314088.jpg
 もうちょっとアップで・・・^^
d0138852_1304689.jpg
 「大根とおろし金」の文様は、大根おろしが消化を助けてお腹にやさしいことから、食あたりにならないが高じて「難にあたらない」という縁起物。さらには「大根をおろす」「大根役者をおろす」「役をおろす」ことから「厄をおろす」、「厄除け」の意味もあるのですよ^^

 夏の「茄子」で「事を成す」T君ですが、さらに「難事」や「厄」除けでパワーアップでございますね。
 うん^^vステキです!!
d0138852_131989.jpg
 この日はお仕事帰りにお立ち寄り下さり、「これから秩父夜祭に行こうと思ってます」とのことで何やら大きな荷物を抱えてご登場~!!「大根に着替えて行きたいんです」とのことで、お店でお着替え下さって・・・^^店長にもおあつらえ下さった「大根ちゃん」をご披露下さろうという粋なお心遣い、なんて嬉しいことでしょう。ありがとうございます。

 そしてT君の大根ちゃんの「裾まわし」でございますが・・・ほら^^
d0138852_1311315.jpg
 額縁染めの「大小あられ」にT君たってのご希望にて、「千鳥」(良く見ないとわからなくてスミマセン)が飛んでいる柄でございます。
 
 そして足元を拝見しましたら・・・なんと!う・さ・ぎ・・・d0138852_13141890.jpg 兎が店内あちこちに生息?する当店だけに、またまた嬉しいお心づかいを賜りまして、うるるん^^ありがとうございます。

 お若い男性がこうして積極的にお着物をお召し下さり、しかも江戸小紋を愛して下さることは誠に嬉しいことでございます。
 「もう何度も着ているのですが、タレモノもイイですね~」とのことで、そうです!男性は織りの着物をお召しになる方が多いかと思いますが、しなやかに体を包む縮緬の豊かさも、ぜひ一度お召頂きたいと思います。

 これから益々寒さが進む季節。。。
 T君は何しろ無類の寒がりさんなのだということでございますが、実はお着物って、体と着物の間にほっこりと温かな空気をやわらく蓄えてくれるので、きっとお洋服よりも温かいかもしれませんね。どうぞ寒い冬をお好きなお着物で暖かくして乗り越えて下さいますよう。

 そしてT君、実は「千鳥」は夫婦円満の縁起もの、そして「兎」はもちろん愛らくて家族円満の象徴なんですよ。花嫁さん募集中~♪ということで、来年はきっと素敵なご縁が結ばれることでございましょう^^ 店長&うさぎ一同も嬉しいお知らせが届きます事を楽しみにしております^^v
 この度はご旅行前にお立ち寄り下さり、いつもまことにありがとうございます。
 

※「大根とおろし金」は当店定番の「おあつらえ江戸小紋」を染めている東京の工房には型がありませんのですが、京都の大野信幸さんの工房で染めることができます。「お試し染め」はできませんが、ご希望の色をお決め頂きお任せ頂けましたら、おあつらえさせて頂きますので、どうぞご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! 
by someichie | 2011-12-04 13:30 | お客様のお誂え写真集 | Trackback | Comments(4)