染一会いろいろ「お客様写真集」

someichie.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Mさんのお誂え♪

 先日の「大雨」の日、emoticon-0156-rain.gif雨が一転してemoticon-0157-sun.gif晴れにかわった夕方、遊びに来て下さったMさんです。これから仕事関係のパーティにお出かけなんです!という、先日の店長徒然日記『雨上がりの太陽』の続きです♪

 こちらがMさん!きれいにお着付けも出来ています☆
d0138852_1555561.gif

 この日のパーティと、お茶を習っていらっしゃるのでお茶にも着たいということで、夏の絽で華やかなお色の江戸小紋をお誂え下さいました。
 この着物の文様は、「むじな菊」です!
d0138852_15565864.gif

 お店でご紹介している「むじな菊」は、こちらのお色「石竹色」なのですが(HPではこちらでご紹介)
d0138852_1558328.gif

 Mさんのご希望は、「もっとハッキリした色!が良いです」ということで、『お試し染め』をすることになりました。
 お店では何百色もの色見本帳があります。
d0138852_15593371.gif

 この中からグッと来る色をお選び頂いても良いし、お洋服や持ち物など「この色が好き!」というものをお持ち頂いても大丈夫、そのお色に近い色で『お試し染め』をさせて頂いています。

 Mさんの「お試し染め」はこの2色でした。どちらも目の覚めるようなハッキリとした気持ちの良い色です。
d0138852_160776.gif

 『お試し染めが』仕上がって、こっちかな?あっちかな?とクルクル比べてご覧になった結果、写真でお召しの明るい太陽の色に決定しました。
 Mさんには、やっぱりこっちで良かった!と思います。
 本当に良くお似合いですemoticon-0115-inlove.gif

 『お試し染め』をやってみると、「〇」「×」「△」が良くわかります。
 一色染めが基本で、遠眼には無地に近く見える江戸小紋では、とっても“色”選びは重要なのです。
 好きな色でも、Mさんには、どうしたって左の色が良く似合いますね!惚れ惚れします。

 また、着物は全身を彩りますから、“色”で気分さえも変わることだってあります。

 この1年ぐらいお疲れが溜まっている様子で、ちょっと心配だったMさんですが、この太陽の色で、顔色も表情もとっても可愛いらしくて、ちょっと安心!こうして元気ハツラツ~になって頂けたら良いな。。。^^ 
 だって、何といいましても、お出かけの日は、本当に朝は大雨emoticon-0156-rain.gifだったのです!
 いつもお客様がお知らせ下さる「ご着用日」のお天気が気になる店長ですので、よ~く覚えています。
 朝は、あ~どうしよう・・・と思いましたが、でもお店を訪ねて下さった夕方には、太陽emoticon-0157-sun.gifが顔を出していましたから!!びっくりデス。
 
 そしてそして、Mさんのコーディネートされている『帯』ですが、こちらは春からお店にお目見えして、色々な方に「これ好き!」と言って頂いた、「染めの北川」-「紗紬、波柄の染め帯」です。
d0138852_162355.gif

 着物が染めあがった時には、やっぱり夏なので、白い絽綴れはどうかな?ピンク系はんなりなスクイ織の帯はどうかな?と色々合わせてみたのですが・・・
 この帯はMさん自身「その組み合わせはちょっと・・・」とおっしゃっていたのに、合わせてみるとピッタリお似合いになって、ご自身もビックリ♪

 この日は仕事関係のパーティということで、黒の帯締めと薄~い紫色のボカシの帯揚げを合わせて大人っぽくコーディネートされて、できあがり!素敵ですね☆☆☆
d0138852_1631737.gif

 Mさんが『お試し染め』をお申し込み下さった日は4月20日、この日からお誂えがスタートしました。
 その後、『お試し染め』が仕上がって、どちらにするかを悩んだり、決めた色で染めた反物をあててみて帯のこととか考えたり・・・ちょっとずつ完成に向かって・・・、着物が仕立てあがってお届けしたのが6月14日でした!
 約2ケ月の期間を経て完成です。

 当店での『おあつらえ』の期間は約2~3か月です。

 すぐに完成品がお渡しできないかわりに、少しずつ少しずつ完成に近づく・・・    

 試して、迷って、待って、届く~!

 こんな時間も楽しんで頂けるのが『おあつらえ』の醍醐味です!

by someichie | 2009-06-27 16:42 | お客様のお誂え写真集 | Trackback | Comments(0)

約束のかたち

 当店で「おあつらえ」をして下さるお客様。
 「おあつらえ」をご注文頂く理由は様々です。

 結婚式に招かれたので!
 お子様の卒入学式に!
 式典やパーティがあるので!
 などなど、この機会をきっかけに一枚つくりましょう~、というお客様・・・
 また、
 いつもの観劇に、
 お茶会や、お稽古に、
 着付けができるようになったから、
 着物が好きだから、
 この文様にグッときたから、
 江戸小紋をちゃんと作りたかったので、
 などなど、日常のささやかな楽しみにというお客様・・・
d0138852_1810538.gif

 そんな中、先日、とても胸があつくなる貴重な体験をいたしました。

 もうすぐご結婚なさるという、とても素敵なカップル。
 優しくて頼もしい旦那様に、美しくてしなやかな奥様でした。
 旦那様になられる方が当店のサイトを発見して下さったということで、奥様と一緒にご来店くださいました。
 歌舞伎好きな奥様へ、婚約の記念に「おあつらえ」を!とのことでした。

 いつものように、この色は?この柄は?あれこれ悩んで下さる過程の中で、色々お話を伺っていると・・・
 何せとってもお忙しくて「二人で揃っての時間がなかなか取れないのです」「なので、式の日取りも、住む家も、まだこれからなのです・・・」とのこと。
 お二人とも、お仕事もバリバリ、とってもお忙しいご様子です。

 それから、幾日かの後、「よし!これにしましょう~」とお誂えの色柄をお選び頂きました。

 「お式は明治神宮はいかがですか?」何しろとっても美人の奥様ですから白無垢が似合うに違いない~と、またいつもの余計なお世話トークを繰り広げておりましたら、奥様がなにげなく・・・

 「今日はよかった^^これでようやく…すごく前に進んだ気がする…」とつぶやかれました。

 その瞬間、私はちょっと胸があつくなりました。
d0138852_18125366.gif

 私たちは、男女の関係のみならず、あらゆる人との関係の中で、お互い「こうだよね」「そうだよね」「そうしようね」「そうするよね」と、きっと了解しあっていると思う約束を頼みに生きています。
 誰もが道なき道を歩いているような人生の中で、そうした信頼や約束だけが、かすかに行き先を照らしてくれるからでしょうか・・・

 でも、歳を重ねるほどに、経験が多くなればなるほど、「そうじゃなかったんだ~」と思い知らされ、立ち往生、ともすると後戻りすることも少なくありません。
 だったら「契約書」をちゃんと交わせば、というお話もあるでしょうが、よほどの仕事関係は別として、信頼しあっていればいるほど、そんな「無粋」なマネはしたくない!裏切られればそれまでよ!という粋な自分でいたいのも人情です。 特に店長の私はその傾向が強いのですが^^それはともかく・・・
d0138852_18143117.gif

 胸があつくなった、そのわけは、
 この素敵なお二人の、これまた本当に素敵な真心の繋がりに、何とも言えぬ “あったかさ”を感じて、本当に嬉しく思いましたのです。

 お忙しいであろうに、旦那様が自らお店を探し、「江戸小紋をお誂えしよう!」という提案をなさり、そして奥様と一緒に色柄選びに参加され、『至高の逸品』のお誂えをご決断下さる・・・
 思い立ってから、ここに至るまでどれだけの日数がかかったのかわかりませんが・・・この「全プロセス」は、たいへんな誠意と真心を尽くした「約束のかたち」となったように思いました。
 さらに、それが「道しるべ」となり、奥様の足元を明るく照らしはじめたのでしょうか?ゆえに「すごく進めた!?」のかなと思うと、ほんのひと時ですが、そのプロセスに寄り添うことのできた私は、この上なく幸せな気分でした。
 何しろ、そうつぶやかれた奥様が何とも愛らしくて、我が事のように心底嬉しく思い、ウルウルしたのです。

d0138852_18162191.gif

 昨日から、雨続き。ぼんやり雨ばかり眺めておりましたら、そんなお二人のことを思い出して、また胸がキュンとなりました。


 「おあつらえ」下さるお客様の理由やきっかけは様々です。
 でもきっと、一つ一つにドラマがあります。
 その裏方として、ちゃんと役割を果たせるよう、心をこめてお客様の「おあつらえ」を承ってまいることを、今さらですが^^、ここに心よりお約束いたします。

 雨のやみ間にでも、ぜひまたお出かけくださいませ。
by someichie | 2009-06-22 22:36 | 江戸小紋のお誂え | Trackback | Comments(0)

夏の長襦袢 洗える3点!

全国各地、梅雨の真っただ中ですね。
だんだん蒸し蒸し暑くなる毎日・・・お元気でお過ごしでしょうか?

本日は、本格的に汗ばむ季節のために準備しておきたい、夏の長襦袢のご紹介です。
さてさて、早速、どうでしょう~!?

おすすめ1 「繊維の宝石 海島綿」の絽長襦袢地
 絹の長襦袢は汗の季節にはちょっと・・・でもポリエステルはNGと言う方には、よっぽどのフォーマルな席以外ならこれがおすすめ!
d0138852_17364021.gif

 綿なのに絹のような光沢、でも綿なので吸湿性も抜群で、天然素材の肌ざわりはやっぱり体に良い!
 そして、お家でお洗濯可能なので、着るたびに洗えて、とっても清潔です。
d0138852_17183287.gif

 海島綿はすごくやわらかな素材ですので、江戸小紋のような柔らかものの着物でも、しっくりと添うすぐれものです。夏の江戸小紋には、絹じゃないなら、これは一押しの長襦袢です。

                                   海島綿襦袢地 税込み38,900円(お仕立て別)



おすすめ2 「東レシルック 絽ちぢみ」長襦袢地
 いやいや、ざぶざぶ洗って、かたくずれもなく、気楽なポリでいいわ!とおっしゃるならばこちらがおすすめ!
d0138852_1720162.gif

 ポリはポリでも、麻調の風合いで、シャリシャリして、汗ばむ肌にひっついたりしません。
 それに、吸水性、速乾性にすぐれていて、形態安定性もあり、洗って干して、あっという間に元通りという手軽さです。
 ポリエステル素材の中で、肌ざわり超いちおし!

                         東レシルック 絽ちぢみ襦袢地 税込み14,000円(お仕立て別)


おすすめ3 「本麻 手もみ楊柳」の二部式長襦袢
 お店では、夏の羽衣“絹紅梅”をご紹介しています。
 その「絹紅梅」や、夏の麻などの気軽なお着物に、とっても重宝な長襦袢をご紹介。
d0138852_17225245.gif

 とにかく肌ざわり抜群の超高級本麻襦袢地です。
 暑さが苦手で暑がりで、すでにもう暑くてクーラー入れようとして、お客様に「いらない!」と言われてションボリの暑がり店長も着てみました。
 なんと、麻は熱を逃がしてくれるのですね。肌ざわりがひんやりしています。それに、汗ばむ肌に貼りつかずに、さばきも良くて、やわらかいです。しかも、お洗濯も簡単で、洗濯機でぐるぐる回せます(いえいえ、良い子は手洗い!)。ちぢみもなくて、アイロンがけも不要なんて、ありがたい~。
d0138852_17233950.gif

 二部式で仕立てあがっています。半衿、衣紋抜きもついて、着付けはらくらく。
d0138852_1723198.gif

サイズはMとLです。
 半襦袢  Mサイズ 身丈63㎝ 裄64㎝ 袖丈49㎝  税込15,700円
        Lサイズ  身丈65㎝ 裄66㎝ 袖丈49㎝  税込17,500円
 裾除け  Mサイズ 丈92㎝  裾まわり 133㎝    税込10,500円
        Lサイズ  丈92㎝  裾まわり 150㎝    税込11,000円

 「半襦袢」と「裾除け」は別売なので、襦袢はL×裾除けMなど組み合わせOKです。
 カジュアルな装いに合わせる長襦袢ですから、肌ざわり優先!ということで、少し裄や丈が長かったりしたら、ちょこっとつまんじゃって~!

 

 以上、当店の長襦袢は、和装小物の老舗「加藤萬」の松原さんと栗原さんと相談して、選びました!いつもいつも、とっても頼りになるアドバイザーです。
d0138852_17272118.gif

 「本麻は私も着てま~す。最初に肌馴染みが悪いと思ったら一度水洗いしてから着て下さいね! とにかく気持ち良くって、体にも良いみたい!(松原さん:左)」
 「海島綿は毎夏あっという間になくなります。もう残りわずかですからお早めに^^v(栗原さん:右)」

 さてさて、今ならすべてお店に在庫がございます。
 本格的に暑くなる前に、ぜひご用意くださいませ。


 また、ご遠方の方は、いつものようにメールかお電話で、お問い合わせくださいませ♪
 メールはこちら
 電話:03-6410-8552(染一会)
 
 
by someichie | 2009-06-15 17:33 | 着物まわり | Trackback | Comments(2)

絹紅梅が揃いました。

大変お待たせいたしました。

染一会オリジナル絹紅梅 2009年版が揃いました。

「むじな菊」 
昨年のむじな菊とはちょっと趣をかえた涼やかな「むじな菊」はいかがでしょう~!?
d0138852_16592119.gif

「かすり」 
去年にはなかった、こんな色柄の絹紅梅もちょっと良いでしょ!?なんか落ち着きませんか!?
d0138852_1702040.gif

「菊唐草」
これは可愛い~と柄選びの時から思っていました。地色がシックな藍色なので大人の可愛らしさと涼やかさんが演出できます!
d0138852_1721088.gif

「流水」 
シックでしなやかな色と柄です。写真より実物の方がだんぜん良いのですが・・・
d0138852_1731879.gif

「竹に笹流れ」 
清々し~い、こんな色の絹紅梅はちょっと珍しい!でも、若々しくって涼やかではないでしょか!?
d0138852_1744489.gif


 昨年もブログでご紹介したようなのですが、改めて、「絹紅梅」とは!?
 実は、「紅梅」には関係ないのです!
 「紅梅織り」は、細い糸と太い糸で織られているので、生地の表面に凹凸できることから、本当は「勾配織り」と言われていました。
 でも「勾配」ではあまりにも情緒がないということで、昔の人が「勾配織り」のことを「紅梅織り」と、あて字をつくったようです。
 この凹凸のおかげで肌にべったりとひっつかず、程よく隙間から風が通ります。
 当店の生地は、細い糸(絹)と太い糸(綿)で織られている、軽くてしなやかな「絹紅梅」です。
 とっても涼しくて、とにかく軽い!
 蒸し暑い日本の夏に、とても適した織物です
d0138852_11553043.gif


 どれもこれも一点ものですので、もし無くなっちゃって同じ色柄を、とご注文頂いても、再度お染めすることは出来ないのです。。。ごめんなさい。

 今日からお店で5点揃ってお目見えいたしました。
 どうぞお散歩ついでにご覧になりに、ぜひ肌ざわりを確かめにいらしてくださいませ。
 ホームページでも全てご紹介しております。
 お暇な時にぜひぜひ、どうぞ!

 絹紅梅の下着は、麻や絽の長襦袢がお薦めです。
 とにかく涼しく過ごすには、麻がなによりおすすめ^^v
 次回はとっても涼やかな麻の長襦袢(2分式で、お仕立て済み)をご紹介いたします。

 
 今日は久しぶりに暑かったですね。emoticon-0157-sun.gif
 寒かったり暑かったり・・・、どうぞ体調管理にはくれぐれもお気をつけてお過ごしくださいますよう~
 そろそろ梅雨入りも近いようですし。。。
 
by someichie | 2009-06-07 17:21 | 夏のよそおい | Trackback | Comments(0)

とっても爽やか縮緬(ちりめん)地に染めました!

当店の盛夏の江戸小紋は、駒絽という生地にお染めしています。

でも近頃あらたに、染め職人の石塚さんから、「こんな生地もあるよ~^^v」とお試しに染めて頂いた夏の反物をご紹介します。

特徴1.「とっても爽やか!」 
 サクサクとして、シャリ感があり、とっても気持ちの良い肌ざわり!さらさらで真夏にも快適です。
特徴2.「高級感がある!」 
 駒絽の生地より100グラムぐらい重めで、夏の訪問着や附下げなどにも使用される生地なので、ちょっぴり高級感があります。
特徴3.「ひとえの時期にも着られちゃう!」 
 本当は盛夏用の生地なのですが、絽と違って絽目が透け透けで、見た目にいかにも盛夏!9月にはどうなの?という心配が少ないです。
 ですので、ひとえを着なきゃいけないのに、でもまだ暑い6月や9月、暑がりサンには重宝です。

「お試しに染めた」と言いましても、30㎝の「お試し染め」ではなく、ちゃんと1反染まっています
ですので、ご希望のお客様には、すぐお仕立てさせて頂くことができます。

2色2柄ありますので、まずはこのブログでご紹介!!

こちらは、『大小あられ』文様、若草色で染めました。
メロンシャーベットのような、しっとりとした染めあがりが美しいです。
では、どうぞ~
d0138852_18595413.gif

d0138852_1901776.gif

d0138852_1903675.gif


そしてこちらは、このところ色柄ランキングでも上位を占める『波』柄、水色で染めました。清々しくてとっても爽やか、夏の装いにぴったりの一枚です。
さあ、どうぞ~
d0138852_19135326.gif

d0138852_1953159.gif


いかがでしたでしょうか?
どちらもお値段は、染めあがり価格で、178,000円です。
通常の駒絽にお染めした場合は148,000円なのですが、生地代が3万円分お高くなります。
その分、長く着られて、爽やかで、高級感もあり、ちょっとお得なご提案!

今すぐ仕立てて、6月下旬~7月初めにはお届けできます。
現在お店にございますので、実物を触ったり、あわせたりして頂けます。

ご遠方の方でお手元でご覧になりたい方は、いつものように、まずはメールでご一報くださいませ^^v
by someichie | 2009-06-05 19:10 | 夏のよそおい | Trackback | Comments(0)

2009夏 染一会オリジナル“青山涼し 絹紅梅”

d0138852_18244221.jpg

いよいよ6月に入りました。
そして、夏も間近となりました。
今年はちょっと遅くなってしまいましたが、やっと『絹紅梅』が染めあがり始めました。
今年も5パターンをご用意いたします。

大変お待たせいたしました~!

今日は、まず2点をご紹介します!!

こちらは爽やかな若草色に、竹と笹がさらさら揺れる“竹に笹流れ”です。
ちょっと素敵な色です。

d0138852_18262637.jpg

画面上で色をお見せするのは本当に難しくて・・・
若草色の実物はもう少し綺麗な色なのですが…ちょっと残念!

竹と笹がさらさらと風に揺れる、ちょっぴりかわいらしく、ちょっぴり色っぽく、目を惹く文様です。

こんな麻帯を合わせても可愛らしい^^
どうでしょうか?
d0138852_1827403.jpg

*帯はこちらでご覧ください
 麻の帯は、もう残りこれ1点となりましたので、どうぞお早めに!



そしてこちらは、ちょっと粋でシックな“流水 ryu_sui”です。
大きく波うつ流水がとっても涼しげで大人っぽくて、思わず惹きつけられます。

d0138852_182971.jpg

流れる涼やかな水の上に、トンボが涼を求めて遊びに来たりして!
日傘をさして、涼やかにお出かけしませんか?
d0138852_18293330.jpg

*夏の間大活躍の便利な絽つづれの帯はこちらでご覧ください


『青山涼し 絹紅梅』のお値段は、どれも72,000円です。
お仕立ては、居敷当て付きで22,000円居敷当てなしで25,000円です。


昨年2008夏の絹紅梅は残り1点です。
モダンな「わ散らし」は、65,000円にお値下げしてご紹介中です。


2009夏版の残る3点は近々に染めあがります。

「ベージュ地に焦げ茶の絣柄」「大輪の花を咲かせる菊唐草」「みんなが好きなムジナ菊」


今年は昨年より少し、可愛らしさとか色っぽさとかをプラスしてみました^^v

皆さまのご意見ご感想を早くお聞きしたいと思います。

染めあがりましたらすぐにご紹介いたしますので、どうかご期待下さいませ。
by someichie | 2009-06-02 18:36 | 夏のよそおい | Trackback | Comments(0)

「表参道裏通り」 引っ越しました!


 『表参道裏通り』は、これからは、≪店主のつれづれ日記≫にて、ほぼ毎日更新予定です^^v

 毎日つれづれに、お店のこと、日々のこと、表参道界隈の様子などを書いております。

 お暇な時に、ぜひどうぞ!
d0138852_13591735.gif

by someichie | 2009-06-01 00:56 | 表参道裏通り | Trackback | Comments(0)