染一会いろいろ「お客様写真集」

someichie.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:伊勢型紙( 5 )

伊勢型紙の里で『伊勢型紙フェスタ』が開催されます

 11月の22日(土)と23日(日)
 三重県鈴鹿市にて『匠の里・伊勢型紙フェスタ』が開催されます。 

 伊勢型紙の彫り師の職人さんの仕事場や、白子屈指の型紙問屋であった寺尾家を修復した「伊勢型紙資料館」、伊勢白子の町並みを巡るウォークラリーが開催されます。
d0138852_196352.gif


 近頃ちょくちょくと、
 「産地のどこに職人さんの工房があるのでしょう?」
 「どこで型紙が買えるのでしょう?」
 「わからない~!」
 そんなお客様が当店に型紙を探しにいらっしゃいます。

 そうなのです・・・。
 ごもっともです!
 職人さんの仕事場は自宅兼用がほとんどです。
 なので普段から観光のお客様に公開しているわけではありません。
 そのため実際に型紙を彫る場面を拝見することはなかなか難しいのです。
 さらに型紙問屋さんは問屋さんなのでお店を構えているわけではありません。たった1件だけ型地紙を製作している「おおすぎ型紙店」さんでは型紙や型紙商品を販売されていますが、それ以外には型紙を買う場所がどこにあるのか…なかなかわからないのです。と申しますか他にはないのです。

 そこで、今回のイベントでは、
 彫り師さんの型紙を彫る様子を間近で見ることができるのは勿論、たくさんの伊勢型紙の展示販売が行われます。
 たぶん当店でお買い求めになるよりも、産地価格は幾分お安くなっているでしょう^^
 関西ノリで値切っちゃうことも可能かもしれません。
 そして、型紙彫刻を体験することもできちゃいます。


 でも、でも・・・、そうですね~。
 少し遠いです。
 ごめんなさい。

 東京からですと、新幹線でJR名古屋駅まで行ってください。
 名古屋駅で近鉄特急に乗り換えて頂き、およそ40分で「白子(しろこ)」という駅に到着です。
 (ちなみに伊勢神宮は「白子」から、さらに20分、2駅先です)
 駅からぶらぶら散歩しながら10分ぐらい。
 伊勢湾に向かってテクテク歩く途中に「伊勢型紙資料館(旧寺尾家)」があります。
 この資料館に到着できれば、もうすでにウォークラリーに参加できちゃっています。

 白子は、とっても静かな田舎町です。
 でも、駅を降りてしばらく歩くと、青い青い海が眼前に広がることに、はじめて訪れる人は感動を覚えます。
 夏には海水浴場として賑わう砂浜の海です。
 店長のむらの思い出のアルバムには、幼き日にこの海で海水浴を楽しんでいる姿が残されています。懐かしい思い出です^^;
 海水浴場の隣には、白子港という漁港があります。
 江戸時代にはこのあたりは伊勢の豊かな産物を乗せて江戸へと向かう船でとても栄えた港町でした。
 漁港には江戸時代にはじめてロシアに渡ったという大黒屋光太夫の記念碑があります。
 日が落ちる頃にはとてもロマンチックな風景が見られるでしょう・・・。                           伊勢型紙のふるさと白子とその歴史の詳細はこちらから
d0138852_19353734.gif


 もし、お近くにお住いなら、
 もし、伊勢型紙を欲しいな~と思っていらっしゃるなら、
 もし、伊勢神宮に行ったことがないなら、
 一度、何かのついでに訪ねてみてください。


 ちなみに、お泊まりや、美味しいものは、こちらのホームページをご参照↓
 http://www.suzukaotomari.com/
 地酒「鈴鹿川“作”」はとってもおすすめの逸品です。
 それから、東京よりも少し温暖で、少し暖かいと感じるかもしれません・・・etc・・・
 ・・・・・
 な~んてツラツラ書いていましたら、しば~らく帰っていない故郷に、たまには帰りたくなってきました。
 秋の夜長・・・、ちょっとセンチにエトセトラ。。。
 うふっ。

 寒くなりました。
 どうぞ暖かくしてお過ごしくださいますよう。
 

by someichie | 2008-11-08 22:20 | 伊勢型紙 | Trackback | Comments(2)

『伊勢型紙』を、身近な場所にデザインしてみませんか?

d0138852_17212612.gif

 真夏ですemoticon-0157-sun.gif
 毎日、溶けて無くなりそうな暑さが続いています。

 日本の夏には蚊取り線香団扇そして麦茶ですね。。。

 それにしても、近頃の夏は少し暑すぎやしませんでしょうか?
 これが温暖化というものなのでしょうか?
 皆さま、大丈夫なのでしょうか?

 そんな日本の夏にもう一つ
 夏の夜をやさしく癒してくれる
 「伊勢型紙のライトアップ」をご提案!

近ごろ
  「当店では“伊勢型紙”も販売してます!」  
 と、このブログに載せはじめてから、ポツッポツッとお問い合わせを頂くようになりました。

 皆さま、灯りのインテリアになさりたいとのことで、お求めくださいます。

 型紙は、美濃和紙に柿渋を塗って燻製や乾燥を繰り返した「柿渋紙」を特殊な彫刻刀で彫ってつくります。
 「柿渋」の色は天然の色なので、すぅーと心に沁みる和みの色です。
 後ろから白い和紙などをあてて、ライトアップすると、柿渋の色が透けて見えます。
 それに手で彫っているので、機械的なデザインには感じられない「やさしい揺らぎ」も感じます。
 なので、なんとも風情と温もりのある灯りのオブジェになるのです。

d0138852_17272581.gif

 あまり知られていない『伊勢型紙』の存在を、調べていらして下さるお客様をお迎えすると、こんなに美しい日本の伝統技術を失ってはならないなぁ~と、つくづく思います。

 玄関入ってこんな素敵な癒しの灯りに包まれたら・・・、ちょっと良い!良い!と思いませんか?
 
 ご自宅、お店、オフィスの、ささやかな場所に、こんな癒しの灯りをデザインしてみませんか?
 


お問い合わせ、ご相談:表参道「染一会」
by someichie | 2008-07-25 17:30 | 伊勢型紙 | Trackback | Comments(0)

伊勢型紙も販売しています


 当店の玄関では、伊勢型紙をパネルディスプレイしています。

 型紙は本来は着物の柄を染めるための伝統的工芸用具ですが、あまりに美しい「型紙そのもの」も、色々なインテリアにご使用頂ければ嬉しいです。

 当店の玄関はこんな感じ。
d0138852_19474779.jpg

 ご来店くださるお客様を、職人さんが精魂こめて彫った柿渋色の灯りがほんわかとお迎えしています。

 先日「マンションのゲストルーム内のディスプレイにご使用されたい」というお問い合わせがありました。
 なので、急いで三重県の産地より型紙を数十枚取り寄せました。

 GW真っ只中。
 表参道の表通りはすごい人のようです。
 でも当店のある裏通りはとても静かです。
 今日は頭の痛い近所の工事もお休みですし。
 型紙たちはゆっくりとお客様をお迎えいたしました。

 そして、浦和にできるというマンションのデベロッパーの方とコーディネーターの方、スーツの似合う素敵な女性がお二人、当店の暖簾をくぐって下さいました。
 伊勢型紙を、そしてこんな小さな当店を見つけてくだり、心より感謝しています。
 
 この型紙たちは、そのマンションのゲストルームでどんな風に色々なお客様をお迎えするのか・・・、あれこれ思いをはせてお二人のお話を伺っておりました。
 お帰り際には、「完成したら写真を送りますね」と、なんともウルッとするよな嬉しいお言葉まで頂き、清々しい気持ちで型紙たちを旅立たせた日でした。

 当店では、「伊勢型紙そのもの」も販売いたします。(1枚どれでも18,000円~) 
 江戸小紋の微細な柄とはひと味違う様々な柄の型紙を取りそろえています。
 
 「この型紙で染めて欲しいわ」というオーダーにもお応えできるようになりました。


d0138852_1949319.jpg

 幕末に来日したシーボルトにも愛され海を渡ったという逸話の残る「伊勢型紙」です。

 どうぞぜひ一度、ご覧になりにいらして下さい。


 GWの当店は、
 通常定休日以外の臨時休業日5月5日(月)6日(火)です。
 
by someichie | 2008-04-28 19:53 | 伊勢型紙 | Trackback | Comments(0)

伊勢型紙東京展2008

d0138852_1595437.jpg

 現在、東京新宿リビングデザインサンターOZONEにて、伊勢型紙展を開催中です。
 三重県鈴鹿市から伊勢型紙が上京。型紙で作った灯りの数々、実際の型紙ライブリー、そして伝統工芸士の職人さんが型紙を彫る様子も間近で見られます。
 会場で作成中の型紙彫刻はこちら。 emoticon-0148-yes.gif
d0138852_15103048.jpg

 また、伊勢型紙をこよなく愛する三重大学工学研究所の元垣内さんとコラボしたLEDで照らす型紙も展示されています。

d0138852_15121225.jpg

 着物の染め型紙として、数百年に及ぶ歴史を重ねてきた伊勢型紙の新たな世界への挑戦です。
 当店では、今もなお、この型紙で染め続けている江戸小紋のお誂え染めを承っております。 
 けれども現在ではそのように型紙で染めているお着物は少なくなりました。
 それでもやはり、伊勢型紙は着物の染め型紙です。
 それゆえに、美しいデザインと鮮やかな彫刻技術。
 会場では、染められるのを待つ多くの型紙見本をライブラリーとして展示しています。
 お着物に染めてみたい、お気に召す図柄がありましたら、ぜひ当店にご相談ください。


d0138852_1513829.jpg ところで、職人さんはお酒好き。
 展示会初日の夜には、店長のわたくしも参加させて頂き、景気づけの宴会とあいなりました。
 型紙の産地、三重県鈴鹿市白子は伊勢湾に面していておいしい海の幸のあがる港まで徒歩10分のところにあります。 
 そのため、職人さんたちの日々のお酒のおつまみは海の幸。


d0138852_15135730.jpg 新宿では舌をうならせるお魚にはありつけませんでしたが、ネオンがいっぱいの歌舞伎町の街に魅せられて、帰り路を失いそうになるお茶目な職人さんたちに、ちょっぴり癒された夜でした。


d0138852_1514572.jpg おっと、こちらは職人さんのお履物です。
 新宿の街に足元をとられないよう、気をつけて。。emoticon-0100-smile.gif



 展示会は26日水曜日まで開催されています。
 この機会にぜひ一度、伊勢型紙をお手に取ってご覧になって見てください。
by someichie | 2008-02-23 15:37 | 伊勢型紙 | Trackback | Comments(4)

伊勢型紙東京展2008 2/21~26 

d0138852_18473998.jpg


 今月の21日から26日まで江戸小紋の型紙「伊勢型紙」が、はるばる三重県から東京新宿にやってまいります。
 「形紙あかり」の新商品の展示や、「伊勢型紙ライブラリー」、伝統工芸士による型紙彫刻の実演、そして来場者も型紙を彫ってみることのできる「体験コーナー」などもあります。
 
 場所:リビングデザインセンターOZONE 7階特設会場B 行き方、地図 
 日時:2008年2月21日(木)~26日(火) 10:30~19:00(水曜定休) 
 入場無料です。 

 こちらでは、お着物ではなく、まるっと「伊勢型紙」です。
 あまり目にすることのできない、型紙の実物がいっぱいです。
 型紙でつくられたちょっと珍しい「和のインテリア」も展示販売されています。
 
 会場に来ている職人さんに、ちょこっと話しかけてみてください。
 あったかい関西弁で、楽しくて興味深いお話を聞かせてくれます。

 ぜひぜひ、ぶらりと新宿まで。。。

 伊勢型紙のお話→ 「染一会ホームページ:伊勢型紙のふるさと」
 伊勢型紙でつくった和の灯り販売中→「形紙あかり」 
by someichie | 2008-02-08 18:56 | 伊勢型紙 | Trackback | Comments(0)