染一会いろいろ「お客様写真集」

someichie.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:お客様のお誂え写真集( 155 )

「おにぎり」!?~K様の素晴らしくキュートな塩沢紬コーデ

 今年の5月は夏日が続き、いよいよ真夏日にもなる暑い5月です。
 でも、そんな夏日の中を、5月のうちに着ておきたかったんです!なんて訪ねて下さいましたお客様。
 今回は、とっても可愛い塩沢紬でお出かけ下さいましたK様をご紹介いたします。

 お召し頂いているのは、塩沢紬、タイトルは「おにぎり」、やさしいサーモンピンクの可愛らしいお着物です。(画像はクリックすると拡大します)
d0138852_1227555.jpg

 蚕の国、絹の国「信州」の伝統的工芸品「塩沢紬」です。タテ糸には二匹以上の繭が暮らす玉繭からとった節のある丈夫な「玉糸」と「生糸」を用い、ヨコ糸には、ほっこりと空気を含んだした「真綿手紡ぎ糸」を用いています。それを手織りで仕上げた、まことにしなやかで柔らかい風合いの紬織物です。

 当店では、紬織物を常時たくさんご用意しているわけではありませんが、時々、なかなかお目にかかれない、ちょこっとレアな素敵なものを見つけてご紹介をしています。こちらの「塩沢紬(おにぎり)」も、可愛い色目とデザイン性に魅了されます(o^^o)

 と申しますのも、塩沢紬の特徴である精緻な蚊絣が可愛らしく、しかも!このデザインは何!? 「おにぎり」というタイトルですが、焼きたてのパンにも、お空に浮かぶ雲にも見えます。その「おにぎり」の中の黄色と紫の絣がまた小憎らしくて可愛いのです。
d0138852_12134095.jpg

d0138852_12134668.jpg


 身にまとうとこんな感じ。
 可愛らしいK様には、ホントに良くお似合いで、初夏の陽射しが眩しいです。
 こんな季節に拝見すると、「おにぎり」は、お空に浮かぶ「雲」のように新鮮に見えますね。
d0138852_1214412.jpg

 あわせて頂いた帯は、帯屋捨松さんの紬地の洒落袋帯「ぶどう唐草」です。このターコイズのブルーがとっても効き色で、可愛らしさの中にも上質なセンスと技術の光る素敵な帯です。

 実は、K様、この帯をとってもお気に召して頂いたのですが、袋帯・・・どうやって結ぶんだっけ・・不安かも(^^;そんなことをおっしゃっていらっしゃいましたが、ちょこっと練習して頂いたということで、ほらスゴイ!完璧です(*゚▽゚*)
d0138852_12203883.jpg

 帯揚げと帯締めをどうしよう~なんて、これまたうんと悩んでご相談頂いたのですが、K様の若々しさとお着物の可愛らしさ、帯の上質さ、新緑の季節感、などなど色々と検討して、檸檬色の帯揚げに亜麻色系のシルバーの帯締めでコーディネートしてみました!
d0138852_1229115.jpg

 K様、お写真を拝見する限り、可愛いお嬢様!なのですが、実はこう見えて、日頃は休日返上も厭わずバリバリお仕事なさるキャリアウーマンさんです。さらには、たまのお休みにはご趣味のマラソンを楽しまれて、フルマラソン出場も多数という、活動的な女性です。

 そしてこのところは、お着物にも親しまれるようになって、ちょこっとお茶も始めてみたいな~なんて、新しい自分発見にもとっても前向き!コツコツと自分らしく、そしてちょこっと積極的に、毎日を大事に楽しまれる素敵な女性です。

 お着物をお召になるようになって、今まで気づかなかった新しい世界が広がったワっておっしゃるお客様もたくさんいらっしゃいます。皆さまも、とってもお忙しい日々をお過ごしのことと思いますが、ぜひ、ちょこっと前へ一歩踏み出してみませんか?きっときっと、ワクワクする出会いが待っているに違いありません!!

 K様、この度は夏日の中、袷の塩沢紬ちゃんをご披露くださいまして誠にありがとうございました。
 予想通り、いえ、予想以上に、やさしいピンクオレンジにユニークな「おにぎり」はとても良くお似合いでした。捨松さんの帯は幅広くご活用できますので、またこれからも、コーディネート色々楽しみにしております(^O^)



*お知らせ* 
 お店では、お客様おあつらえ写真集にご登場頂けますお客様をお待ちしております。
 どうぞぜひ、おあつらえ下さいましたお着物で、遊びにいらして下さいませ!!
 または、ご着用のお写真をお送り下さいましても嬉しいです。
 (お顔NGの場合はそのようにさせて頂きますのでご安心を)
 楽しみにお待ち申し上げております   
by someichie | 2015-05-27 12:44 | お客様のお誂え写真集 | Trackback | Comments(0)

古都金沢へ!初夏の陽射しに映える、H様の装い。

 お客様から素敵なお写真が届きました!
 北陸新幹線開通でいち早く初夏の金沢へ、ご夫婦水入らずの旅にお出かけになられたH様です。

d0138852_169116.jpg

 
 お着物は、青柳色×猫柳色の2色で染めた「竹節」文様の江戸小紋
 あわせて頂いた帯は、岡本絋子作の型絵染めの名古屋帯です。

 どちらも昨年の年末にお求め頂いたのですが、この着物と帯、単衣に着たいです!とおっしゃっておられました。なので、この季節を心待ちにしておりましたところです。

 すると、こんな素敵なお写真が届いて、とっても嬉しい限りでございます!!
 ありがとうございます。

 そっか・・・この季節の竹は清々しいほど、どんどんと成長します。
 春に筍が美味しいね^^なんて言っている間もなく、初夏には、えっ?てほどにグングンんと。
 だから、もう、まさに、季節にぴったりの江戸小紋になりました!

 
d0138852_16163827.jpg


 そして、コーディネートに登場した帯は、型絵染めの第一人者、多くのファンを持つ作家さん、岡本絋子さんの帯「時の栞」というタイトルでした。流れゆく折々の季節、大切な時に栞をつけて、忘れないように!なんて、この日は大事な旦那様との楽しいご旅行です。なんだかとても素敵なコーディネートに、思わず胸がキュン!ですね。

d0138852_16204991.jpg


 H様は、こうして時々ご主人様とのご旅行を楽しまれていらっしゃいます。そんな時にはできるだけお着物でお出かけ!ご主人様もとても喜んでいて下さるそうで、なんとも羨ましい仲良しご夫妻です。

 今回の古都金沢のご旅行はいかがでしたでしょうか?
 風情たっぷりの街をそぞろ歩いて、素敵な歴史や文化、伝統工芸に触れる思い出たっぷりのご旅行だったかと存じます。ぜひ、今度いらしてくださったら、お土産話お聞かせくださいませ(^O^)/

 旅にお着物!
 それはもう、お着物通なら、みんな憧れの旅でございますね。
 景色や場所に寄り添える江戸小紋は、旅の装いにもとてもお召しになりやすいお着物です。

 皆さまも、今度のご旅行にはお着物で、いかがでしょうか?
 きっと、思い出に残る素敵な旅になること、間違いなしです(^O^)v

 H様、この度は素晴らしいお写真をお送り下さり誠にありがとうございました。
 単衣の季節、どうぞコーディネートを楽しんで、また素敵なご主人様とのお出かけ一杯楽しんで下さいますように!そのうちまた、お二人で遊びにいらしてくださいませ。楽しみにお待ちしております。
 ありがとうございます。 

 

*お知らせ* 
 お店では、お客様おあつらえ写真集にご登場頂けますお客様をお待ちしております。
 どうぞぜひ、おあつらえ下さいましたお着物で、遊びにいらして下さいませ!!
 または、ご着用のお写真をお送り下さいましても嬉しいです。
 (お顔NGの場合はそのようにさせて頂きますのでご安心を)
 楽しみにお待ち申し上げております   

by someichie | 2015-05-22 16:30 | お客様のお誂え写真集 | Trackback | Comments(0)

コンセプトは「粋kawaii」~N様単衣のお誂え

5月に入り、いよいよ単衣の出番となりました。
 単衣、従来は6月と9月のものでしたが、昨今はもう暑くって、4月下旬からお袖を通したくなりますね
 気軽なお出かけには、体温調節が大事!無理をせず、単衣で軽やかにお出かけください。

 本日ご紹介のお客様は、単衣の江戸小紋。
 「浅紫色」で、「むじな菊」文様の江戸小紋をお誂え下さいましたN様です。

 (画像はクリックして頂くと拡大しますので大きな画面でご覧ください)
d0138852_13171228.jpg

 思えば、N様がお店にご来店くださったのは、今年の1月でした。
 寒い寒い季節に、単衣のことをあれこれとご検討頂き、お試し染めがら始めて頂いたのです。
 
 実はN様、普段は「可愛い~」のが好みなのです、でも今回はちょこっと粋な大人な感じになりたいです!
 そんなご希望をお伝え頂きました。 
 でも、でもでも、粋すぎるのは着こなせないし・・・(^^;
 そして、つまり、“粋かわいい”をコンセプトに、お誂えコーディネートをご相談させて頂くことになりました!

 「むじな菊」は大変に人気のある可愛らしい文様です。お店のお見本ではしっとりとしたベージュピンクの石竹色で染めています。でも、でもでも、今回のテーマは「可愛い」だけじゃなくて「粋かわいい」。だから、ちょこっと大人でシックな浅紫でお試し染めをさせて頂き、染上がりは、ふむふむ、いいじゃない~(^O^)ということで、じゃん!
d0138852_13431999.jpg

 あわせた帯は、織楽浅野さんの名古屋帯です。
 経糸に黒、緯糸の赤色や色糸を用いた大胆な花模様の帯。シックな色調に白や紫の小花の映える、これまた「粋かわいい」帯です。
d0138852_13434857.jpg
d0138852_13454084.jpg

 帯の白い小花を活かして、帯留めは水晶の小花をあしらいました。
d0138852_13444032.jpg

 飛び柄絞りの帯揚げも効いて、すっきりとして粋で、でもどことなく大人の女性らしい可愛らしさのある、素敵なコーディネートがしあがりました!

 とってもお着物好きなN様は、お休みの日にはお着物を着てお出かけ下さいます。
 可愛らしいお母様であり、働く主婦であり、でも時間をみつけて自分時間を有意義に楽しまれるN様。
 お着物歴はまだこれからとのことですが、これからワクワクするお着物ライフのはじまりですね。ぜひ少しずつ好きなもの増やして、素敵なものに囲まれて、大事な時間を楽しんでお過ごし頂けますように!

 N様、この度は、撮影にご協力下さり、誠にありがとうございます。
 お着物でお出かけも過ごしやすい季節でございます。
 しばらくは単衣が大活躍!
 ぜひ、また、お会い出来ますのを楽しみにお待ちしております(o^^o)

 
(お知らせ)
 この「むじな菊」、実はN様が最後のお客様。と申しますのは、型紙の老朽化が激しくて、これ以上は「お誂え染」を承ることができないのです。とってもお気に召して頂いた柄、ギリギリセーフでご注文を頂きました。ありがとうございます。
 

*お知らせ* 
 お店では、お客様おあつらえ写真集にご登場頂けますお客様をお待ちしております。
 どうぞぜひ、おあつらえ下さいましたお着物で、遊びにいらして下さいませ!!
 または、ご着用のお写真をお送り下さいましても嬉しいです。
 (お顔NGの場合はそのようにさせて頂きますのでご安心を)
 楽しみにお待ち申し上げております   
by someichie | 2015-05-13 13:53 | お客様のお誂え写真集 | Trackback | Comments(0)

スゴ技お着物「シケ引き染」~M様の通好みコーディネートで!

 今年も爽やかな季節がやってまいりました。
 若葉が輝く日に、素敵なお客様をお迎えいたしました。

 本日は、とても珍しい「絓(しけ)引き染」の清々しいお着物をお誂え下さいましたM様です。

 シケ引き染は、友禅の技法の中でも大変に希少な技術です。シケ引き染めとは、長い反物を板にはりシケ刷毛にのせた染料を引いて染めていくのですが、12~13mの反物に、もちろん手で引いていきますので、染料に濃淡が出て、それがまた味わいとなり、何しろ大変な希少な職人技の作品です。

 画像はクリックして頂くと拡大します。
d0138852_15244222.jpg
 M様は大変なお着物通で、しかもシックでかっこイイ通好みなコーディネートが大好き!
 昨年の秋に、こちらのシケ引き染のお着物が入荷してから、目をつけてくださっていました。
 白っぽいお着物が欲しかったのです。でも、コレっていうものに出会わなかったのだけど、これはコレっ!ですよね(^O^)ってお求め下さいました。

 そうそう、コレっ!絓(シケ)とは、繭の外皮から引き出した糸を意味するのだそうですが、それほど細い模様を染め付けるということで、友禅の職人さんの中でもシケ引きのできる職人さんは僅かなのです。華やかな京友禅の世界の中でシケ引きは地味と言えば地味なのですが、フリーハンドで職人さんの腕のみが頼みのシケ引きは、染め上がった時の繊細な優雅さはひときわ目を引く、コレっ!ならでは美しさです。

 この日の帯は、これまたカッコイイ花織りの名古屋帯をあわせてくださいました。パールの帯留めに、濃い紫紺色の帯締め、お着物が大好きで、着こなし上手なM様ならではの上質なコーディネートです。
d0138852_1530157.jpg

 素材は、玉糸紬という光沢のある紬地です。紬と申しましても、シケ引き染は後染めで染めているわけで、なので、やわらかなドレス感のあるお着物に仕上がっているのです。
d0138852_15321091.jpg

 陽射しが明るくなる4月後半は、シースルーコートが大活躍!
 M様のシースルーコートは、墨色の市松模様。実はこの日は新調されたばかりのこっくりとした紫のお草履でした。お好みのコンセプトがはっきりしているM様は、トータルコーディネートもバッチリです。
 若草色のがま口バックが、季節感たっぷりの差し色&ちょっぴり可愛らしさをプラスしてくれていますね。
 あっ、そうそう、画像ではわかりづらいのですが、お着物の八掛、若草色なのです!
d0138852_1535582.jpg

 日頃はキャリアウーマンのM様ですが、お休みの日には時間を見つけて、お一人で気楽に美術館めぐりやショッピング、そしてお友だちとのお食事会と、お着物ライフを大いに楽しんで下さっていて、とっても素敵なのです。自分らしいスタイルで、ONとOFFのメリハリをつけて、大事に日々をお過ごしになられるMさま、そんなステキ自分スタイル、ぜひ見習いたいです!!

 Mさま、お忙しい中、素敵な着姿をご披露下さり誠にありがとうございます。
 お着物でお出かけが気持ちの良い季節でございます。
 どうぞ、存分にお楽しみくださいますように。
 そしてまた、お時間がありましたら、ぜひお会い出来ますのを楽しみにお待ちしております。
  

*お知らせ* 
 お店では、お客様おあつらえ写真集にご登場頂けますお客様をお待ちしております。
 どうぞぜひ、おあつらえ下さいましたお着物で、遊びにいらして下さいませ!!
 または、ご着用のお写真をお送り下さいましても嬉しいです。
 (お顔NGの場合はそのようにさせて頂きますのでご安心を)
 楽しみにお待ち申し上げております   
by someichie | 2015-04-22 15:54 | お客様のお誂え写真集 | Trackback | Comments(0)

SAKURA咲く~M様の上質kawaii素敵なお誂え

 今年もまたお空が桜色に染まる季節になりました。
 桜開花の便りの届く頃、素敵なお客様をお迎えいたしました。

 本日のお客様は、
 「ひょうたんに桜花びら」逸品型紙で染めた江戸小紋
 をお召し下さるM様です。

 (画像をクリックして頂くと拡大します。大きくなると柄が良くわかります)
d0138852_1314197.jpg

 この型紙は、常時お店でご案内している柄見本にあるものと違い、毎年、新作の型紙を彫り、新しい作品を染めることに力を注いでいらっしゃる伊勢型紙の職人さんたちがいらっしゃいます。超ベテランの彫師の方々です。オーダーを待っているだけでは仕事がなくなってしまう、この技術を残して行かなければなるまい!そんな作品の一つとして制作されました。
d0138852_13421454.jpg

 彫師は宮原敏明さん。細やかな点々で図柄をあらわす「錐彫り」という技術の職人さんです。宮原さんは15歳で型紙の世界に弟子入りをし、もう60年近くも彫り続けている熟練の職人さんです。60年もモクモクと彫る・・・考えただけでも気が遠くなりますが、大変に希少な職人さんの一人です。

 見れば見るほど素敵で可愛らしい文様、素晴らしく美しい江戸小紋です。
 実はM様は、kawaii♪♪が大好きな、華奢でキュートなお客様です(*^^*)
 お茶もなさっているということで、お茶席にもいいかしら?
 もちろんです!
 大変に繊細で細やかな文様は、江戸小紋三役五役でなくてもフォーマルなお席にもお召し頂けます。
d0138852_13223576.jpg
 この日はサントリー美術館「天才絵師、若冲と蕪村」展を観覧されての帰り道。
 お仕事や家事の合間に自分時間を上手に楽しまれるM様です。
d0138852_13152930.jpg
 あわせて頂いた帯は、「さくら」。季節の染め帯はお着物通の楽しみの一つです。特に桜は見る目も楽しませてくれて、ぜひワードロップに揃えたい染め帯ですね。
 kawaiiが大好きなM様にぴったりの華やかではんなりとした帯がとても良く似合います。
 清々しい若芽色の帯揚げと帯締めがとっても素敵なコーディネートです。
d0138852_13413469.jpg
 
 いよいよ、今年も桜の季節でございます。
 美しい桜色の空の下には、繊細でやわらかな江戸小紋がとても良く似合います。
 桜の花にさりげなく寄り添い、自分らしい美しい存在感を引き立ててくれる江戸小紋は、日本の美しい景色に本当に良く似合いますね。
 
 M様、この度は薄紅色の美しい着姿をご披露くださり誠にありがとうございます。
 とってもお着物のお似合いになるM様ですので、どうぞこれからもM様らしい可愛いお洒落なお着物コーデに、どんどんチャレンジして頂きたいと思います。

 もうすぐ、本当に、お空は桜色に。。。
d0138852_13564564.jpg

 


*お知らせ* 
 お店では、お客様おあつらえ写真集にご登場頂けますお客様をお待ちしております。
 どうぞぜひ、おあつらえ下さいましたお着物で、遊びにいらして下さいませ!!
 または、ご着用のお写真をお送り下さいましても嬉しいです。
 (お顔NGの場合はそのようにさせて頂きますのでご安心を)
 楽しみにお待ち申し上げております   
by someichie | 2015-03-25 13:58 | お客様のお誂え写真集 | Trackback | Comments(0)

Kちゃんのお着物コーデ~新しい世界へ!

 まもなく3月、春爛漫の季節が近づいてまいりました。
 ポカポカ陽気のお昼時、遊びにいらしてくださいましたのは、Kちゃん。

 今回ご披露下さるお着物は、玉糸紬に淡いベージュを引き染めして、シケ刷毛で抜染したり色を重ねたり、雲母を薄く染めたりして、お写真ではその奥深い微妙な情緒が伝わらなくてとても残念なのですが、無地紬とは、ひと味もふた味も違う、とてもレアでドレッシーなお着物です。
 (画像をクリックして頂くと拡大しますので、微妙なニュアンスをぜひご覧ください)
d0138852_1438799.jpg
 こちらのお着物と帯は、江戸小紋のお誂えと並び、近ごろ積極的にご紹介をはじめました、新しいカテゴリーのお着物と帯です。
 伝統的な染織の技術を持ちいて、現代の暮らしや街並みにそう色やデザインによる新たな世界観への挑戦を試みている「いま着たい、きもの。Tradition & Innovation」シリーズのお着物です。
 ※コンセプトなどはこちらでご紹介しています→http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/122.html 

 紬だけれど産地表示などはあえてせず、紬の白生地に伝統的な染めの技法を駆使して新しい作品に仕上げるという、旧来のカテゴリーに収まりにくいお着物と帯は、従来の価値基準では判断のし難いものでございます。でも、さすが!聡明でお洒落なものを見分ける鋭い感性をお持ちのKちゃん、すぐにお気に召してくださいました。しかも、ほらっとっても良くお似合いです。
d0138852_14471764.jpg
 帯もまた、とてもお洒落な創作染め帯です。よろけの伊予縞文様を、シックな焦げ茶と銀で染めています。ざっくりとした紬地に染めた、染め名古屋帯です。
d0138852_1455414.jpg
 写真でみると、ただただ白ベージュのお着物に見えてしまうのですが、実際に見ると、日差しにやさしく煌めいて、えっ!?このお着物なに?まるでドレスみたい~☆なんてドキドキするような美しさなのです。

 この日は、大事な旦那様と当店でお待ち合わせ。これからゆっくりランチにお出かけとのことで、ちょっと嬉しそうなKちゃんです。実はこう見えてお料理上手でお世話好きなKちゃん、お洒落でかっこイイビジネスマンの旦那様とは、いつお会いしても、何しろもうホントに仲の良いお友達のようなご夫婦です。
d0138852_150519.jpg
 旦那様とのツーショットどうかな?するとKちゃんが、「え~、でもきっとイヤだって言われるもん(ーー;)」、ちょっとだけ寂しそうにおっしゃっていました。。。

 なので旦那様、またまたこんなところからメッセージを送るのもどうか?と思うのですが(^^; へへっ・・・またぜひ遊びにいらして頂きたいです。そして今度は、仲の良いツーショットのお写真!(後ろ姿でもOKですので)、ぜひぜひ、お願いできたら嬉しいです(^O^)ゝ

 コーディネートの〆は、こちらのお草履です。
 足元の引き締め効果、そして色っぽいお足元にドキっですね♪
d0138852_156287.jpg


 Kちゃん、いつもコーディネートのバリエーションを色々とご披露くださいまして本当にありがとうございます。
 「今度あの着物着てくね」ってメッセージを頂くと、どんな帯、どんな小物あわせをして来てくれるかな?ってとっても楽しみにしています。そしてお会いすると、また、これは・・おぉ~なるほど~!!と想像を超える美しいお姿にいつもいつも本当に感激しています。

 これからも、うんと楽しい着物コーデをご紹介下さいね。
 ありがとうございます。

*お知らせ* 
 お店では、お客様おあつらえ写真集にご登場頂けますお客様をお待ちしております。
 どうぞぜひ、おあつらえ下さいましたお着物で、遊びにいらして下さいませ!!
 または、ご着用のお写真をお送り下さいましても嬉しいです。
 (お顔NGの場合はそのようにさせて頂きますのでご安心を)
 楽しみにお待ち申し上げております   
by someichie | 2015-02-27 15:29 | お客様のお誂え写真集 | Trackback | Comments(0)

春の青空に蝶が舞う~M様のセクシーで可愛いお誂え

 暖かな春が待ち遠しい頃でございます。
 本日ご紹介のお客様は、今年に入って「新年会」にお出かけなさいました際のお写真、ご自宅に戻られてホッとひと息のスナップ写真をお送り下さいましたM様です。

 お着物は、M様オリジナルカラーで「お試し染め」からご注文を頂き、お誂え染をさせて頂きました、M様オリジナル・ ターコイズブルー「角通し」文様江戸小紋でございます。 
d0138852_18191656.jpg
M様は春色カラーがとても良くお似合いになります。髪の色も目の色も透き通るようなブラウンで、とてもキュートで愛らしい雰囲気が素敵な方です。

 お仕事柄各種のパーティにご出席なさることが多いということで、少し格のある柄が良いです。でも地味な感じは似合わないので、鮮やかな色のお着物にしたいです。
 何しろM様は京都のご出身ということで、関西風の華やかな装いがお好みで、しかもこれが良く似合うのです。お洋服の時も、明るいオレンジやサーモンピンク、イエローなどのカラフルなお色が多くて、いつお会いしても春の香りのするM様です。

 ということで、染め上がった「お試し染め」はこちら
d0138852_17293528.jpg
 写真ではお色が違って見えるかもしれませんが、鮮やかなターコイズブルーの角通し文様です。
 お試し染めをご確認頂きまして、早速お染めしてお仕立てをさせて頂きました。
 実はこれがM様始めての江戸小紋のお誂え!

 ターコイズブルーの江戸小紋は時々ご注文を頂きます。
 以前ではお着物にターコイズブルーなんて思いつきもしないものでしたが、現代では、お化粧も髪の色も、近代的な街並みも、こんな新しい色を待っていたような気がします。

 この日は「帯屋捨松」さんの八寸の可愛らしいモール使いの帯をあわせて下さいました。
 そして、帯揚げもターコイズブルー。春色の空に艶やかな蝶が舞う、春が待ち遠しいコーディネートですね。
d0138852_18224775.jpg
 ところでお写真に登場のワンコちゃんは娘さん!どうやらママがお出かけからやっと戻ってくれたので、もう離れたくないようですネ。
 実はM様にはお二人の立派なご子息様がいらして、それぞれすでに独立をされてご活躍をされています。なのでお家はパパさんとの二人暮らし、ではなくて二人のワンコお嬢様との4人暮らしとのこと。そのお嬢ちゃんワンコを連れてご主人様と湘南の海辺を散歩されたりもしちゃって、ご家族みんなとっても仲良し(o^^o)

 それにまたM様、お仕事もバリバリ本当にとっても良く働かれているのに・・・実はご趣味で日本舞踊をなさったりもされているのです。へへっ実は実は、そのお写真はこちらemoticon-0148-yes.gif
d0138852_17475330.jpg
 舞台裏でのショットとのことですが、この日の舞台には、ご主人様とご子息様が揃って応援に駆けつけられたということで(あっ、残念ながらお嬢ちゃまたちはお留守番(^^;、なんとも羨ましい、とっても気さくでカッコ可愛いくて、幸せオーラいっぱいな着物美人さんです♪♪

 お着物ライフを始められたのは、ここ数年ということですが、これからが楽しい着物世代でございますね!
 どうぞぜひまた、素敵なお着物姿のお写真、楽しみにお待ちしております。

 ありがとうございます。

※「角通し」文様、HPではこちらでご案内しています
 →http://www.someichie.jp/SHOP/order4405.html





*お知らせ* 
 お店では、お客様おあつらえ写真集にご登場頂けますお客様をお待ちしております。
 どうぞぜひ、おあつらえ下さいましたお着物で、遊びにいらして下さいませ!!
 または、ご着用のお写真をお送り下さいましても嬉しいです。
 (お顔NGの場合はそのようにさせて頂きますのでご安心を)
 楽しみにお待ち申し上げております   
by someichie | 2015-02-20 17:56 | お客様のお誂え写真集 | Trackback | Comments(0)

寒い季節にほっこりと~結城紬のコーディネート

 各地で大雪のニュースが聞かれる寒さ厳しい季節でございますが、本日は、そんな季節にほっこりとした装いのご紹介でございます。

 お客様は昨年の「紬フェア」の際にお求め下さいました、結城紬のコーディネートをご紹介下さいましたKちゃんです。

 夏の間はお着物ムリ(^_^;)なKちゃんですが、袷の季節は積極的にお着物でお出かけを下さりとっても嬉しいです。こちらの結城紬は、Kちゃんが予てより探していたレンガ色、でも良く見るとモスグリーンの糸が織り込まれていて、とても微妙な色調が素敵な結城紬です。
 (画像クリックすると拡大します)
d0138852_17185978.jpg
 当店は江戸小紋のお誂えを中心にご案内をしておりますが、とはいえ、たまには素敵な紬も着たいです!のご要望のお応えして、昨年は寄りすぐりの紬展を開催いたしました。
 
 紬よりもやわらかい着物が好き!とおっしゃっていたKちゃんですが、お着物好きが高じると、やっぱり欲しい結城。でもでも、色が絶対大事なわけで、ずっと出会いを待っていて下さいました。
d0138852_17215869.jpg
 スレンダーなKちゃんなので、やわらかい江戸小紋の着姿はとてもすっきりと美しくてとても素敵なのですが、ほっこりとした結城をまとうと、温かみがあって、ほっと癒される感じがしますね。
d0138852_17233011.jpg
 この日の帯は、とてもユニークな染め帯です。ワイルドチューリップというウィリアムモリスのデザインを帯に描いた作品。昨年に入荷すぐにお気に召して頂きました。
 そしてあちらこちらにご旅行やお出かけの大好きなKちゃんは、素敵な小物に出会うとコレクションをなさっていて、本日の帯留めは江戸切子!素敵なセンスが光ります☆
d0138852_17351816.jpg
 そして、八掛はお着物にもさりげなく主張する草色をお選び頂きました。
d0138852_17353617.jpg
 さらに、こちらの被布衿コートも素敵なのです。
 このコートは、なんと江戸小紋の大小あられを2色で染めてつくったものです。
 実はこのコートが一番出番が多いのだそうで、とても着やすくて、かさばらなくて、でも可愛いし、色んなお着物に合わせやすくて、重宝頂いています。
 ※詳しくはこちらでご紹介しています。
  →http://someichie.exblog.jp/10783476/
d0138852_17383893.jpg
 結城紬に江戸小紋のコート!最強コンビのコーディネートをとてもバランスよく、そしてセンスよく着こなして頂き、皆さま、ちょこっとため息出るほど素敵ではないでしょうか? 
 おっ!バッグのお色も完璧です(^O^)/

 Kちゃんは着物歴8年ほど。
 当店も開業8年目でございまして、お店と一緒にお着物にどんどんはまって下さいました素敵なお客様でございます。年々お着物の着こなしもコーディネートも進化するKちゃんです。

 どうかいつまでも、お着物に親しんで下さいますように、そしてまた素晴らしいセンスの光る装いをご披露くださいますのを楽しみにしております。

 *お知らせ* 
 お店では、お客様おあつらえ写真集にご登場頂けますお客様をお待ちしております。
 どうぞぜひ、おあつらえ下さいましたお着物で、遊びにいらして下さいませ!!
 または、ご着用のお写真をお送り下さいましても嬉しいです。
 (お顔NGの場合はそのようにさせて頂きますのでご安心を)
 楽しみにお待ち申し上げております   
by someichie | 2015-02-03 17:44 | お客様のお誂え写真集 | Trackback | Comments(0)

H様の初春コーディネート~初釜にて

 新しい年が始まって、新年会や初釜など色々とご予定のお忙しい時期かと思います。
 お着物でのお出かけが楽しい季節でございますね。

 本日ご紹介のお客様は、新年のお初釜にお出かけのH様です。
 お出かけの帰りにお立ち寄りくださいました。

 お誂え下さいましたお着物は
 亜麻色「極鮫」文様江戸小紋です。
 (画像はクリックで拡大いたします)
d0138852_1542364.jpg
 亜麻色は優しくてほのかな甘味のある茶グレーです。極鮫文様を染めると、それはそれは美しくなめらかな色調が生まれ、大人の女性を美しく上品に魅せてくれる素敵なお色です。

 こちらがH様。
 とっても可愛らしい奥様そしてお母様なのですが、平日はOLさん、そしてお休みの日にはお茶のお稽古に励まれて、今年は家元様のお茶会にもお招き頂いたということで、とっても素敵です。しかも、趣味は編み物にガーデニング、さらにさらに、こう見えて、最近は山歩きも始められたって耳よりなお話もお聞きして、とってもアクティブな方なのです(^O^)
d0138852_1514397.jpg
 お茶を始められてから江戸小紋大好きになって頂き、色々な文様をお誂え頂きましたが、今回の極鮫のお誂えにはとっても思い入れを込めて頂きました。
 と申しますのは、お茶でのお召し物という目的はもちろん、何しろ昨春にはご子息様が社会人になられるということで、学校生活最後のご卒業式へのご出席。そんな大きなお子様がいらっしゃるなんて、もう全くビックリなわけですが、お母様としては、無事に見事に子育て卒業!ということで、記念のお着物でございます。

 ということで、思い入れのその1は、まず、八掛を型染め。
 お選び頂いたのは「むじな菊」という文様です。
d0138852_15153089.jpg
 表地を染める職人さんが八掛にも江戸小紋の文様をお染めしています。むじな菊は大変人気の文様でもちろんお着物でお召し頂いている柄なのですが八掛に染めちゃうというのもとっても素敵です。
 H様、亜麻色には「むじな菊」の八掛が可愛いよね!と即決頂きました。

 八掛に江戸小紋の柄をお染めする際には、細かい点々の文様が袖口や裾に出ないように、また擦り切れても仕立て直しにも対応できるように、額縁染めでお染めしています。

 この日は初釜ということで、エレガントに格調高くコーディネートをして下さいました。
 あわせて頂いている帯は、喜多川俵二さんの格のある袋帯。
 亜麻色の江戸小紋にもとても良く馴染んで、静かな中に格式を重んじる心遣いを感じさせてくれるコーディネートです。
d0138852_16554435.jpg
 そして、H様の思い入れ、その2は、染め抜きの書き紋です。
 江戸小紋の紋付きは90%のご注文は、縫いの一つ紋です。
 従来はフォーマル仕様には染抜き紋が多かったのですが、昨今ではカジュアル化が進み、ほどんどのご注文が縫いの一つ紋になりました。でもH様、今回は染抜き紋にしたいです!
 ということで、H様の紋は「横見梅」。またこの紋が可愛い。。。
d0138852_16592085.jpg
 染抜き紋の場合は、先に紋を入れる箇所を特定して紋の形に糊伏せをしてから江戸小紋を染めます。その後、紋屋さんに書き入れて頂くので、縫い紋よりも1ヶ月近く多めにお時間がかかり、少し長くお待たせしてしまったのですが、すみません。でも、その甲斐あって、縫い紋とは異なる美しいフォーマル感がとっても素敵ですね。

 H様、本日は初春らしい爽やかで上品なフォーマルコーディネートをご披露下さり誠にありがとうございます。今年もきっと一所懸命に、ご趣味に、お仕事にと楽しく励まれることと思いますが、お時間がありましたら、ぜひまた遊びにいらしてくださいませ。

 H様コーディネート、いつも楽しみにお待ち申し上げております。

 

 

 

 

*お知らせ* 
 お店では、お客様おあつらえ写真集にご登場頂けますお客様をお待ちしております。
 どうぞぜひ、おあつらえ下さいましたお着物で、遊びにいらして下さいませ!!
 または、ご着用のお写真をお送り下さいましても嬉しいです。
 (お顔NGの場合はそのようにさせて頂きますのでご安心を)
 楽しみにお待ち申し上げております   
by someichie | 2015-01-23 17:52 | お客様のお誂え写真集 | Trackback | Comments(0)

逸品型紙「木賊」~素晴らしいコーディネートをKちゃんアレンジで!

 2015年、新年最初の営業日の朝、今年最初のお客様をお迎えいたしました。
 初春のご挨拶に、お誂え下さったお着物でお訪ね下さいました。

 お着物は、極)木賊文様の江戸小紋

 新春の明るい日差しの中、美しい笑顔で、今年初のお誂え写真集を飾ってくださいましたKちゃんです。
d0138852_16145628.jpg
 毎年、伊勢型紙の熟練の職人さんが、これでもかってほどの技を魅せてくれる渾身の作品をご紹介くださいます。この「極)木賊(とくさ)」の型紙は常時お店でご紹介している文様とはひと味違って、縞の細さはまるで万筋なみという、細かい縞彫りの作品です。伊勢型紙縞彫りの第一人者、佐々木正明さん制作の型紙です。

 濃いチャコールグレーで染め上げたとっても粋な染上がりなのですが、良く見ると木賊の節がドットのように見えてなんとなくキュートで趣のある愛らしい江戸小紋です。

 アップ画像でよくご覧くださいませ。
 画像はクリックで拡大します!
d0138852_1894068.jpg
 その反物をとってもお気に召して下さったKちゃん、あわせて帯もコーディネートをして下さいました。
 葡萄茶色の塩瀬の染め帯は、椿の花が一輪静かに添えられた素敵な染め帯です。 
d0138852_16403822.jpg
 実は、この帯の椿の葉っぱの色にあわせて、お着物の八掛もお選び下さったという、とっても素晴らしいセンスの光るコーディネートなのです。八掛の色、こっくりとした緑の葉っぱの色なのです。スゴイ素敵でしょ!?しかもこの日の長襦袢も椿。
 江戸小紋の粋でさりげない情緒を見事に取り入れて下さりつつ、可愛らしくのぞく長襦袢にお着物好きのセンスが感じられて、しかも一輪の椿の花がしなやかな強さをそこはかとなく語ってくれているようです。
d0138852_14575790.jpg
 いやはや、帯揚げに帯締め、可憐に光る帯留めも・・・・、着物歴約8年、30代前半の奥様とは思えない通な着こなしに本当に頭が下がります。(下の画像もクリックで拡大します)
d0138852_1635632.jpg
 例年よりも寒さの沁みるお正月となりまして、この日はカシミヤのコートに毛皮のショールという出で立ちのKちゃんは、もう立派なお着物美人さんなのです。
d0138852_1723980.jpg

 
 ところで、こんな素敵な奥様と一緒に歩かれるご主人様ってどんな人?って思うでしょ?うふっ。
 店長は実はご主人様のことも存じあげているのです、が、内緒(^^; でも、でもでも、ちょこっとご紹介すると、とても魅力的でアクティブで、優しくて、でも可愛らしくて(可愛いは余計ですね(^^; とにかくとても素敵な方です。だから、ホントはぜひご一緒に遊びにいらして頂きたいわけで、ずーーとお待ちしているのに、なかなかお会いできなくて残念です。
 こんなところで呼びかけもどうか?と思うのですが、ご主人様!ぜひ次回は2ショット撮らせて下さいませんでしょうか?へへっ(^^; ぜひお待ちしておりますっ(^O^)/

 Kちゃん、先日は寒い中お出かけを下さり誠にありがとうございました。
 これからしばらくお着物が楽しい季節ですね。
 Kちゃんコーディネートをいつもワクワクしてお待ちしておりますので、ぜひ、どんどんお着物でお出かけくださいね。またお会い出来ますのを楽しみにしております。


*お知らせ* 
 お店では、お客様おあつらえ写真集にご登場頂けますお客様をお待ちしております。
 どうぞぜひ、おあつらえ下さいましたお着物で、遊びにいらして下さいませ!!
 または、ご着用のお写真をお送り下さいましても嬉しいです。
 (お顔NGの場合はそのようにさせて頂きますのでご安心を)
 楽しみにお待ち申し上げております   
by someichie | 2015-01-09 17:06 | お客様のお誂え写真集 | Trackback | Comments(0)