染一会いろいろ「お客様写真集」

someichie.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:着物のお手入れ&加工( 7 )

お正月には和箪笥を開こう!!

 今年も本当に残り少なくなり、寒くなってきました。
 年末はいかがお過ごしでしょう~?
 大掃除はおすみでしょうか?

 2010年のお正月、ぜひお着物を着ましょう~^^ と、久しぶりに箪笥を引きだしてみて、びっくり!
 こんなシミなんて無かったのに・・・(涙)なんてことになっていらっしゃいませんかぁ!?

 今年最後のブログは、そんな大変なことになっても大丈夫! こんなすごい修復が可能です。
 あきらめないで!というお知らせです。

 当店の力強い味方^^
 少し前の「店主のつれづれ日記」でもご紹介しましたが、お着物のメンテナンスのプロ、一級技能士さん「メイさん」のお仕事を、ほんのちょっぴりですが、ご紹介します。

①孔雀が立派に羽根を広げる訪問着、おめでたいお席に招かれたならば、イザ!
 するとなんと・・・抜けるような白い羽根に点々と数えきれないカビの跡・・・
d0138852_16432851.jpg
 でも、ちょっと待って!諦めないで!!
 きれいに洗って根気よくカビとりそして、ちょっぴり魔法の筆で描き足して・・・ほらemoticon-0148-yes.gif
d0138852_164554100.jpg

②白いお花が気に入っていた母から譲り受けた訪問着
 よりによって、そこにシミカビ~!?あ~ん、ついてない。。。
d0138852_1651358.jpg
 大丈夫ですってば!
 出来るだけシミ抜きカビ取り終わったら、ちょっとお花の真ん中書きたして^^ほらきれいでしょ^^emoticon-0148-yes.gif
d0138852_16522156.jpg

③私が少し前^^?に袖を通した振袖!ついこの間のことのよう~
 来年は娘も晴れて成人式!この振袖を着てくれたら嬉しいな^^
d0138852_1656929.jpg
 このシックな色合いが気に入っていたのに、娘に聞いたら「地味じゃない!?」なんて言うのです^^;
 なんてこと言うのよ!でも、どうしましょう~? でも着てほしいですから!!
 なるほど、それならば、少し艶やかに華やかにいたしましょう?
 菊のお花の輪郭を金色でなぞって縁取りすると・・・ほらemoticon-0148-yes.gif
d0138852_1722356.jpg
 
④そうそう私も大好きな振袖がありました。これを娘に着て欲しい~^^
 でも、うちの娘はパパゆずり、背も高いし大きいのよね!
 ならば解いて仕立て直しを致しましょう~って、洗い張りをしたのに…古いせいか筋がくっきり(涙
d0138852_1744422.jpg
 諦めないで!せっかく洗い張りも済ませたのですから、きれいに薬品を使って消しましょう~^^
d0138852_1765855.jpg
 え~これが限界なんですか?これじゃあやっぱり着せられない!!
 いえいえ、ここからが我らのメイPro 魔法のテクニック!
 さてさて、どうしたのか、わかりますか?^^emoticon-0148-yes.gif
d0138852_1785489.jpg
 あれ?花びらの数が増えましたよ!! 
 そうなんです。目立つところに、新しく花びらを書き足してくれたのです^^
 最初からそうだったように・・・みごとにきれいに蘇りました!
 これならお嬢様にも安心してお召し頂けますね^^v

 以上は本当はほんの一部です。
 
 お正月が来ると、着物って良いなぁ~今年こそ、着物美人に!なんて思いませんか?
 ならば、年末年始には勇気を持って、随分開いていない和ダンスの扉を開いてみて下さい。
 お母さまが大事になさっていた着物、お嫁に持っていらした着物、ぜひ、たとう紙を開いて見て下さい。

 そして、もしひょっとしてもしも!?・・・のことがありましたら
 どうぞ、あきらめないで!
 早速ご相談にいらして下さいませ!

 幾らぐらいかかるのかしら?
 もう何年も経つのに本当に修復できるのかしら?
 いついつに間に合うのかしら?
 
 一枚一枚すべて状況が大変異なりますので、拝見しないとお答ができなくて誠に申し訳なく思います。
 でも、お見積りは全くの無料です。
 お見積り後に、「する」「しない」「どこまでならする」など、ご検討頂ければ結構なのです。

 色々な思いが詰まったお着物たち、ぜひ一度その眼で見てあげて下さいませ!
 
 2010年、年始のお店の営業は1月8日(金)からでございます。
 メールなどでのお問い合わせは、24時間いつでも大丈夫です。
 お返事は4日以降となりますが、どうぞお気軽にお申し付け下さいませ。


 “厳寒の年越し”となる模様でございます。
 初詣は暖かくしてお出かけくださいませ。
 どうぞ皆さま良いお年をお迎え下さいますよう。

 2010年も、皆さまにお目にかかれますのを楽しみにいたしております。 
 
by someichie | 2009-12-29 17:28 | 着物のお手入れ&加工 | Trackback(1) | Comments(2)

自分だけのオリジナル草履とバッグのお誂え ~②バッグ編

今日は前回の『草履編』に続いて、『バッグ編』 です。

またまたお引き渡し前に撮影させて頂いたバッグを3点ご紹介。

1)大小あられ文様のお着物の残布で、草履とお揃いで「巾着バッグ」をお誂え 
 こちらのお客様は、残布で「草履」と「バッグ」を誂えられました。
 バッグは「二本手きんちゃく」です。
 でも、残布を草履の鼻緒にも使用したので、バッグの生地が少し足りなくなりました。
 そこで、バッグの底の部分には、ヒモと同じ色の黒のちりめんの生地を使用しています。
 ※少し生地が足りない場合は、各色の「ちりめん地」(1,050円~)をご用意しています。
d0138852_18173651.gif


2)通し市松文様のお着物の残り布で「利休バッグ」をお誂え
d0138852_18182971.gif

d0138852_1819038.gif こちらのお客様の残布は約60㎝でした。
 収納力のある利休バックが良いわとのご希望でした。
 「利休バック」をこしらえるには90㎝以上の残布が必要になります。
 でもなかなか・・・、それほど沢山の残布が出るお客様は多くありません。
 そこで同系色で濃い目のスミレ色の「ちりめん地」を内側のマチと持ち手の部分に使用しました。
 このように、お助け「ちりめん地」を利用すれば、こんなに可愛いバッグを誂えることができてしまいます。

3)お客様ご持参の江戸小紋(三役横段)の残布で「ショッピングバッグ」をお誂え
 こちらの生地は当店でお染めしたものではありませんが、そんなことはお気になさらないで!
 いつも荷物が増えるので、小さなバッグと一緒に持てる、色々入る便利なバッグがこしらえたいです、とのご要望でお選び下さったのがこちらの「ショッピングバッグ(大)」です。
 持ち手とマチ、底の部分は合皮の「黒」または「ベージュ」で誂えることができます。
 こちらのお客様は「黒」でお誂え。
 合皮なのでリーズナブルで気安く持ち歩くことができます。
d0138852_1820716.gif

 ちなみに当店では横段ではなく縦に縞状に江戸小紋四役(鮫、行儀、通し、大小あられ)を配した「四役ヨロケ縞文様」などもご用意しています^^


そして、さてさてお誂えの料金は。。。
 1)「二本手きんちゃく」(幅19㎝×高さ21㎝×マチ14㎝)
     8,600円+ちりめん地1,000円 (各税別)
 2)「利休バッグ(大)」(幅29.5㎝×高さ16㎝×マチ11㎝)
     28,000円+ちりめん地1,000円 (各税別)
 3)「ショッピングバッグ(大)」(幅29.5㎝×高さ24㎝×9㎝)
     6,800円 (税別)



お誂えバッグは、まだまだ沢山のタイプ、スタイルをお選び頂けます。
およそ30㎝ぐらいの残布があれば、何かしらのバッグをこしらえることが出来ます。
お手持ちの着物やコートの残布がありましたら、お揃いのバッグや草履をお誂えなさいませんか?
どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。


明日から11月ですね。
各地の紅葉もいよいよ美しく色づき始める「紅葉狩り」の季節です。
でも、冬の足音もそろそろ聞こえ始める頃です。
東京でも朝晩はひんやりと寒さを感じるようになりました。
どうぞ皆さまくれぐれもお風邪などお召しになりませぬよう。。。

by someichie | 2008-10-31 18:26 | 着物のお手入れ&加工 | Trackback | Comments(0)

自分だけ、オリジナルの草履とバッグのお誂え ~①草履編

 当店では7月からお着物を仕立てた残りの布を利用して、お客様だけのオリジナルの「草履」や「バッグ」のお誂えを承っております。
 ポツ..ポツ..と何名かのお客様にご利用を頂きました。
 ありがとうございます。emoticon-0100-smile.gif

 今日は、お引き渡し前にお写真を撮らせて頂きました、お客様オリジナルの「草履」を3点ご紹介いたします。

1) 「大小あられ文様」のお着物の残布でお誂え頂きましたオリジナル草履
 鼻緒の部分に残布を使用しています。
 土台は白艶色の合皮で芯は三段をお選びですのでフォーマルにもご利用頂けます。
 鼻緒に残布を使用するだけでしたら、およそ10㎝の残布があれば加工可能です。
d0138852_1862342.gif


※草履は小判型がおすすめです。
 といいますのは、小判型は綿入りの鼻緒で鼻緒下がベッチンの生地で加工してありますので、履いていて痛くならないのです。
 土台の合皮の色は37色から選んで頂けます。


2)地落ち梅の花文様のお着物の残布で誂えて下さいましたオリジナル草履
 鼻緒と天の部分に残布を使用しています。
 約30㎝ぐらいの残布があれば、天の部分にも利用できます。
 天の部分はビニール加工をしていますので、安心です。
 横巻きの部分には焦げ茶色の合皮を使用しています。
 芯は一段で低めなので、カジュアルにかわいらしく、うきうきお出かけ頂けます。
 日頃からお着物大好きのお客様ですので、この草履も色々なコーディネートに活躍してくれたら良いなと思います。
d0138852_18174289.gif


3)角通し文様のお着物の残布を鼻緒に利用して下さいました。 
 濃い紫の角通しの鼻緒に薄茶色の土台で、とても大人っぽい粋で上品な草履ができました。
 この秋は、お草履の赴くままに?あちらこちらにお出かけ下さるとのこと。
 足の痛くならない綿入りの鼻緒ですから、どうぞ楽しんでいらして下さい^^。
d0138852_1819650.gif



さて、草履の加工代です。
スタイルやサイズによって微妙な差がありますが、
23㎝ぐらいのMサイズですと、土台も込みで、
1)12,800円 2)10,200円 3)10,600円(各税別)でお誂え頂けます。


当店でお誂え頂いた着物の残布以外のものでも加工を承っております。

スタイルも土台の色も、お客様のセンス次第で、とってもお気軽に色々な草履をつくることができます。

それに着物を仕立てる際に「ガード加工」が施してあれば、もちろん残布だって水や油をはじきます。ちょっと良い、良い、ですね^^

加工に要する期間はおよそ1ヵ月です。

どうぞお気軽にお尋ねください。


*~*~次回はお客様だけの「オリジナルバッグ」をご紹介します~*~*
by someichie | 2008-10-27 18:27 | 着物のお手入れ&加工 | Trackback | Comments(4)

着物のよみがえり

 当店では、古いお着物の染め替えや、着物をコートにしたり、あまった生地でバッグや草履をつくったり・・・、あの手この手で大切なお着物のよみがえりを承っております

 夏がとても暑くなる前、思い出のあるお母様のお着物をお持ちになったお嬢様がいらっしゃいました。

 こちらのお着物はお母様がお父様との結納の際にお召しになってから、かれこれ30数年タンスの中で眠っていたという附下げです。
d0138852_1822687.gif

 淡いピンク地でとても愛らしいお着物。
 でも、お尻のあたりを中心にあちらこちらにシミやカビがはびこってしまいました(涙)
 袖丈は長いめでとても華奢な娘時代のお母様を伺わせるスリムなサイズ。

 さて、まずは解いて洗ってきれいにしましょう~。
 「洗い張り」をします。
 洗い張りでは、解いて縫い目の筋を消して一枚の反物の状態に戻してきれいに洗う作業です。
 でも、それだけではシミやカビは無くなりません。
 ですので、反物の状態に戻したこのお着物を、染料に浸して染める「浸し染め」で染め替えをすることになりました。
 当店には豊富な色見本をご用意しています。
 お嬢様は、好きな色「柿色」を選ばれました。
 実はこれ、なかなかセンスの良いご選択でした。
 そしてお嬢様のサイズを採寸して、仕立て直して、この通り。
d0138852_1834333.gif

 シミやカビは殆ど目立ちません。
 濃いピンク色の柄の部分はほんのりと残って、それはそれでよい感じです。

 さて、こんな「よみがえり」に料金はいったいお幾らかかったのでしょう・・・!?

 こちらの着物は附下げですので、小紋などの着物より「洗い張り」や「お仕立て」の料金が高くなるのですが・・・
 当店でのこちらの附下げのよみがえり料金は次のとおりです。
 附下げの洗い張り料金 14,700円  
 京染め無地浸染料金 15,750円+八掛けも同じ色に染めて5,250円 =21,000円
 もう一度、附下げに仕立てるのに38,500円 
 今回の附下げは、解いて、洗って、染めて、仕立てて、74,200円です。
 
 ※もしこれが小紋でしたら、解いて洗って14,700円、染めて(八掛も染めて)21,000円、仕立て(胴裏は既存のもの使用)して28,000円で、合計63,700円です。 

 その他、着物のお手入れ料金はこちらから

 しかし、実は・・・・
 このお着物、浸し染めをしましたら、ハプニングが発生してしまいました。
 実は濃いピンクの柄の部分のところどころには菊菱文様の金加工が施されていました。
 その金箔の状態が良くなくて剥がれかかっていたため、浸し染めでその殆どがパラパラと剥がれてなくなってしまったのです。
 悲しい・・・
 でも、仕方ありません。
 えいやー!と金加工のし直しです。
 そのような加工もすべて承っております。
 今回の金加工は、もともとあった全ての部分をやり直すことになってしまいましたので、少々費用がかかり、50,000円でした。
   (このような加工が必要となる場合は、あらかじめ別途お見積りさせて頂きます)
 これは少し痛かった。。。

 でも、こうして手をかけて時間をかけて、思い出の着物はこの秋に、秋らしい柿色の着物によみがえり再デビューを果たすこととなりました。

 先日お手元にお届けしました。
 これから、いっぱい着てお出かけになって下さるとのこと。
 そのうち、その着姿を拝見できたらと思っています。


 タンスの中にあきらめて眠らせてしまっている着物や白生地等がありましたら、ぜひご相談ください。
 お見積りは無料です。
 あのお着物が、長い眠りから覚める日を待っているかもしれませんよ 
emoticon-0100-smile.gif
by someichie | 2008-10-21 18:12 | 着物のお手入れ&加工 | Trackback | Comments(2)

宝の山

 つい先日、お店の中で、専門家をお招きして「着物のお手入れ相談会」を開催しました。 
 今までタンスの中に眠っていた「お宝たち」が、新しい旅立ちのために集まってきました。
 まさに『宝の山』です。
d0138852_16474439.gif

 はじめての試み「相談会」にどれだけのお客様がいらっしゃってくださるのか・・・、と心配でしたが、着物好きのお客様が入れ替わり立ち替わりお立ち寄りくださいました。
 ありがとうございました。♡

 そのお宝のほんの一部をご紹介。

 
 先日、お嬢様にと、とてもかわいい「あられ文様の江戸小紋 “春の雪”」をお誂えくださいましたお客様。
 お着物が仕立て上って残布が出ました。

d0138852_16522735.gif  「これで、何かつくりたいワ」とお持ち下さいました。

 お店に入られ、ひと息つかれてすぐに『残布を加工した草履とバッグ』のサンプルをご覧になっって、
 「かわいい~♡♡。これ娘につくってあげようかしら」と、ご即決! 
 emoticon-0115-inlove.gif 
 かわいらしいお嬢様を愛しまれる親心がとても伝わります。なんとも温かい。。。
 草履の鼻緒と巾着バッグにこの残布が加工されることになりました。
 染めあがった反物の生地を余すことなく使って頂けるなんて、大変嬉しい限りです。

 お着物がとっても大好きなお母様とお嬢様なので、お二人兼用で楽しんで頂けるのではと、出来上がりが楽しみです。



 こちらは、ご主人様と行かれたラオス旅行の思い出のショール

d0138852_170981.gif “やさしさと微笑みの国ラオス”の素敵な絹のショールです。

 インテリアとしても美しく、ラオスの女性が大切に織りあげてくれたであろう温もりを感じさせてくれるショールです。

 お持ちになったお客様の雰囲気にとても良くお似合いのショールです。

 「これを帯にできないかしら」というご希望に沿って、名古屋帯に仕立てることになりました。 

 きっとエキゾチックで他にはない素敵な逸品の帯が出来上がることでしょう。

 どんなお着物にあわせられるのだろうかと、仕上がりが楽しみです


 ご紹介しきれないのですが・・・・、
 ご結婚前にご両親さまが誂えて下さった「思い出の着物が派手すぎて・・・」「では、うすく色をかけましょ~」
 「着物を長襦袢にできるかしら~」
 「この古い着物をコートにできないかしら~」
 「母のなので裄や身丈サイズがあわないのよね」・・・などなど。
 タンスの中を覗くと、まだまだ命を吹き返すことのできる、ホントに色々なお宝が眠っているのですね。




 そして、お客様もひと段落した閉店間際、仕事場から駆けつけて下さった、かわいいOLさんがご来店。

 お母様がご結婚前に、はじめてお父様のご両親にご挨拶なさる時にお召しになったという、きれいな色の思い出の訪問着をお持ちになられました。

d0138852_17102891.gif 嫁がれたのち、お子さま方が誕生して立派な大人に成長するまで、長い年月をタンスの中で見守り続けてくれた大切なお着物です。

 でも・・・、久しぶりにタンスを覗くと、シミやカビが、長い歴史を物語ってくれていました。

 その年月の中で、すくすくと成長されたお嬢様が、この大切な訪問着に新たな命をとお持ちくださったのです。

 洗い張りをして、シミやカビが見えないよう、濃い目の柿色で浸染染めをして、お嬢様のサイズに仕立て直しすることになりました。 

 秋風が心地よい季節には、このお着物に新しい旅立ちの日がやって来ます。



 
 着物は、お召しになる方々の思い出とともに、こうして何度も蘇ることができる、不思議なお召し物です。
 それゆえに、人を魅了して止まない。
 そして、とってもECO!

 お店では、いつでも色々なご相談にお応えしています。
 

 「あっ!そうだ」と思いつかれたお着物や布地などがありましたら、どうぞぜひ、お気軽にお持ちくださいませ。
by someichie | 2008-07-17 17:30 | 着物のお手入れ&加工 | Trackback | Comments(0)

着物のお手入れ相談会

 お店では、 “エコで楽しい着物ライフ” をご提案し、色々なご相談にお応えしています。
 

たとえば・・・

シミができてしまったり、タンスの中で変色してしまった着物。
 前に着たのはいつかしら?随分の間タンスを開けていないわ・・・。
 汗をかいたまま、長年タンスの中???
 危険ですね・・、ひょっとしてそのお着物にシミや変色が忍び寄っているかも・・・?
 ぜひ、勇気を出してタンスを開けてみてください。
 もしも、「シミ発見!」なんてことになっても、どうか諦めないで!
 ぜひお店にお持ちください。
 あまり着ていなくても、大切なお着物です。
 なんとかしましょう~! 


タンスを開けたら、若いころのお着物や、時代物の古い和服が出てきたら・・・。
 形が古いし、とても今の私たちにはサイズがあわないわ…。
 でも、ちょと待ってください!
 処分するにはもったいない
 昔のものって、中にはとても素晴らしい技法が施されているものもたくさんあります。
 今の時代に沿うように、リメイクして蘇らせてみませんか?

 ケース①
  とてもレトロで立派な振袖を発見!
  でも、誰も着る当てはないわ・・・。
  では、帯につくりかえ!
  帯なら、この着物、あの着物に活躍しそう~。。
d0138852_19195449.jpg

                          
d0138852_19203247.jpg

 ケース②
  近頃は羽織の丈は長いめがお洒落。
  でも昔の羽織は丈が短いの・・・。
  では、この2枚の羽織を表と裏に使って、着やすい「道中着」をこしらえてしまいましょう。
  なんだか渋くてエコな、着まわしの良い「道中着」になりました!
d0138852_1921344.jpg

                           
d0138852_1921275.jpg
                  

ところで、

着物を新しくこしらえると
  たとう紙の中に、あまった布も一緒に入っています。
「余りの布」どうなさっていますか?
  ほとんど「えっ?別に・・・そのまま・・・」ですよね。
  着物を新調したら、帯や小物はどうしよう・・・
  持っているもので合わせるのも楽しいのだけれど、こんなこともできちゃいます。
  着物を仕立てた時の「余りの布」で、お揃いの帯と草履をつくってしまいました。
d0138852_19215919.jpg



 和服って、本当に“エコ”で“クリエイティブ”でわくわくしますね。



 こんな色々なご相談に専門家が直接お応えする『相談会』を開催します。

 7月15日(火) 午前10時~午後7時 お店にて

 どうぞ、お気軽にお問い合わせください。 
 
 相談会は終了しましたが、常時お店でご相談に応じています。いつでもどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ♡
by someichie | 2008-06-21 19:19 | 着物のお手入れ&加工 | Trackback | Comments(0)

着物のお手入れサービス充実しました!~ecoで楽しい“着物ライフ”

 梅雨に入り、雨の日が多くなりました。
 季節はじわじわ蒸し暑い夏に向かっています。
 いかがお過ごしでしょうか?

 衣替えの季節ですので、「お着物のお手入れ」サービスをパワーアップいたしました。

d0138852_19261676.jpg

 まずは、秋冬~春に活躍した(^^)「袷」のお着物や帯、きちんとお手入れしておきましょう。
 ちなみに、小紋の丸洗い(生き洗い)は5,000円です。
 (その他の各お手入れ料金表はこちらから) 
 お洋服だって一斉にクリーニングに出すこの時期です。
 お着物もホコリや汚れをきれいさっぱりさせてあげてから、次の季節のためにゆっくり休ませてあげましょう~。

 それから、それから、まだまだ色んなお悩みやご要望にお応えいたします。

 例えば・・・、
 「シミやカビなど、どうしよう~頭が痛いわ・・」 
 悩んだり諦めたりする前に、お気軽にご相談ください。

 「ぜんぜん着ない古い着物、コートか何かに仕立て替えした方が良いかしら・・・」
 お見積り無料です。コートや帯や小物など、色々によみがえります。

 「若い時の着物、シミもあるし、ちょっと派手だし・・・」
 今の自分にぴったりのお色にお染め替えできます。

 その他、様々なお悩みやご要望に色々お応えいたします。
 
 そして、そして、 「着物を仕立てた残りの布を再利用」して、お客様オリジナルの草履やバッグをつくってしまったり・・なんて楽しいこともできます。

 お着物のお手入れはホームページでも詳しくご案内しています。こちらから

 「もう着られないわ・・・」なんて早まらないで!
 素敵にリニューアルして、〝エコで楽しい着物ライフ〟を実現しませんか?


 7月15日(火)には、専門の悉皆屋さんが当店にご来店くださいます。
 その日は朝からお客様のお悩みに専門家が直接お応えする「ご相談デー」です。
 近々にこのブログでもご案内いたしますので、少しお待ちください。

 色々な悩みや希望をお持ちください。
 いつでも、お預かりいたしまして、お悩み解決&ご希望実現のためのお見積り(無料)をさせて頂きます。

by someichie | 2008-06-13 19:34 | 着物のお手入れ&加工 | Trackback | Comments(0)