染一会いろいろ「お客様写真集」

someichie.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:夏のよそおい( 13 )

真夏にちょっとしたパーティなどなど、ありませんか?

 今年もいよいよ、emoticon-0157-sun.gif真夏を迎えました。
 天気予報も晴れマーク一色、連日30度を超える日が続きます。暑い暑い!!
 そんな真夏だって、お食事会、結婚パーティ、各種パーティ、お茶会などなど、色々楽しいお呼ばれやお出かけはありませんか!?
 近々にそんなご予定がある!どうしよ~なんて方に^^v

 江戸小紋×涼やか紗(絽)袋帯のコーディネートのご紹介です!


①江戸小紋(水色 うずまき文様) × 紗、本袋帯(花兎) 
d0138852_1618301.jpg
     コーディネートは
      ・江戸小紋 水色「うずまき」
      ・紗、本袋帯 「花兎」 252,000円(お仕立て別) 
      ・絽ぼかし帯揚げ 8,500円、
      ・帯留「ふわり」 黄金 × 三分紐シルバー(ラメ入り)5,250円 
d0138852_16184061.jpg
 夏の暑い日にはクールな寒色系の色あわせが見る目にも涼感を誘います。 
 格のある紗本袋帯は、金銀の色合いも抑えた色調ですので清楚で爽やかな装いが楽しめます。良質な織り感、とっても軽い締め心地に、きっとご満足頂けることと思います。

②江戸小紋(とき色 大小あられ文様) × 紗、袋帯(ぶどう)
d0138852_16185156.jpg
     コーディネートは
      ・江戸小紋 とき色「大小あられ」
      ・紗袋帯 「ぶどう」 168,000(お仕立て別)
      ・絽ぼかし帯揚げ 8,500円
      ・帯留「ふわり」 伽羅
d0138852_1619372.jpg
 淡いピンク色の調和、ふんわり癒される透け感が素敵なコーディネートです。
 暑い真夏に、やさしい色合いの装いで、同席される方々に心地よい「ほんわか」した空気を味わって頂けることと思います。夏だからこそ、透けるピンク^^v

③江戸小紋(黒色 竹節文様) × 絽袋帯(波涛涼風)
d0138852_16191846.jpg
     コーディネートは
      ・江戸小紋 黒色「竹節」
      ・絽袋帯 波涛涼風 210,000円(お仕立て別)
      ・紗帯揚げ 水玉 12,600円
      ・帯留「ふわり」 銀
d0138852_16193818.jpg
 真夏にも、清々しくてカッコ良い、粋なフォーマルスタイルでいかがでしょうか!? 
 大きな波のうねりを描いた袋帯は、大変涼やかな真夏にこそふさわしい、清々しさです。
 シャキッとしたモノトーンのコーディネートに、わずかに青みをプラスして、清涼感たっぷりの装いをどうぞ!



 ☆今なら(7/21まで)、上記コーディネートの着物や帯、帯揚げは、上記価格より割り引きにてお求め安くなってます^^v
 セールのご案内はこちら

 8月にちょっとしたご予定などはありませんか?
 着物はあるけど帯がね~とか?フォーマル感覚の夏着物がないのよね~とか?あきらめて洋服で・・・なんておっしゃらず、ぜひぜひご検討なさってみませんか? 

 着物のお仕立ては約3週間
 帯のお仕立ては約10日ほど
  ※お急ぎの方はご相談ください

 

 
by someichie | 2010-07-16 17:32 | 夏のよそおい | Trackback | Comments(0)

夏準備!こんな気軽なお買い得帯も入荷です^^v

 6月も、もう後わずかとなり、毎日30度という夏日が続くようになりました。
 今年の夏はどうしようかなぁ~!?
 着物を着ようか・・暑いしなぁ~、でも浴衣ぐらいは着るかなぁ~、でも大人だから少しはお洒落したいし~

 梅雨を抜けると、もう真夏でございます。
 そこで、一足早く^^v
 真夏にとっても気軽に使える帯が入荷しましたので、お知らせです。

 ものすごぉ~くお買い得なので、早い者勝ちでございますよ!
 なんと、すでに仕立て上がっている、気軽なカジュアル帯です。 
 しかも、絽綴れ軽くて締めやすくてとても涼しい
 気楽な夏着物にも、もちろん絹紅梅なんかにはぴったり!そして浴衣にも^^v
 真夏のお出かけに本当に気軽にお使い頂けて
 なんと!仕立て上がり18,000円です。
 お買い上げ翌日からすぐに締められます。

 お店にやってきているのは、次の3本のみでございます。
 どうぞ、ぜひご覧くださいませ!

①淡いベージュピンクのお花柄 売り切れました!ありがとうございます。
d0138852_17585597.jpg
     お太鼓です
d0138852_1759476.jpg
     前帯です
d0138852_17591683.jpg
     涼しく透けてとっても軽い
d0138852_17595883.jpg

②涼やかな水色とピンクの波柄 売り切れました!ありがとうございます。
d0138852_182024.jpg
     お太鼓です
d0138852_182287.jpg
     前帯です
d0138852_1824913.jpg
     芯がないのでとにかく涼しい
d0138852_1832233.jpg

③ちょっと大人な若草色の海柄売り切れました!ありがとうございます。
d0138852_184278.jpg
     お太鼓です
d0138852_1841872.jpg
     前帯です
d0138852_1843637.jpg
     この軽さが夏にありがたい
d0138852_1851994.jpg


 以上の3点がお店にございます!
 本当に、お仕立て済みで18,000円です!

 安い帯はねぇ~ってご心配なさるような質感ではございませんで、「このお値段で?へぇ~」ってビックリするぐらい^^質も決して悪くはございません!
 よろしければ、どうぞお早目にお手にとってご覧くださいませ。
 しつこいのですが、3点しかございませんので、どうぞお早目にお願いいたします。 

 夏の装い、帯をかえるとイメージが変わります。
 ちょこっと遊び心で、プラスオン^^v いかがでしょうか?

 ※ご来店が難しいお客様。
  こちらの帯はHPではご紹介しておりませんので、もしこのブログをご覧になり「欲しい!」ってお思いになられましたら、メールを下さい!「代金引換」または「銀行振り込み」にてお届けできます(返品7日以内)
  右サイドバーの「お問い合わせメール」をクリックして下さい。メールが送れます
    
  


 
by someichie | 2010-06-22 18:20 | 夏のよそおい | Trackback | Comments(0)

真夏の街着には、絹紅梅をお薦めします!!

 そろそろ今年も、『絹紅梅』の季節が近づいてまいりました^^v

 真夏に絹紅梅が涼しいわけは・・・
 絹紅梅は、綿と絹の「こうばい織り」の凹凸のおかげで、肌に直接触れずにふんわりと浮いてくれて、しかもとっても軽いので、どんな着物や浴衣よりも風通しが抜群だからです。
 (絹紅梅の詳しいご説明はホームページでもご紹介しています。こちらクリックっどうぞ)
 帯を締めるところだけ、補正がわりにタオルを巻いておけば、タオルが汗をキャッチしてくれて安心安心^^ 真夏の絹紅梅は着物初心者にもとっても気軽にお召し頂ける、お着物です^^v

 当店でも、オリジナルの「絹紅梅」をご紹介しておりますので、今日はお店にご用意のある5反を改めてご紹介いたします!
 どれも当店だけの色柄の絹紅梅です。
 帯もコーディネートしてみましたので、どうぞご覧になって見て下さい!

①絹紅梅「むじな菊」 × 手織り八寸(羅)帯 × 帯留「景うるむ(夏のうずまき)」 
 大人っぽくて涼やかなコーディネートにしてみました。
 大輪に咲く「むじな菊」が真夏の清々しさを演出してくれます。透ける帯にキラキラ光る帯留は、ひんやりとした涼感をさそいますね。真夏のお食事会や展覧会、観劇に、爽やかにお出かけください。
d0138852_13192672.jpg

 ・絹紅梅「むじな菊」、こちらクリックでご覧ください
 ・手織り八寸(羅)帯 (現在お店にございます/お値段お問い合わせ下さい)
 ・帯留「景うるむ(夏のうずまき)、こちらクリックでご覧ください

②絹紅梅「わ散らし」 × 絽綴れ八寸帯「とんぼ」 × 帯留「景うるむ(バニラの恋)」 
 モダンで街着っぽいコーディネートにしてみました。
 グレー地に散らした「わ」模様がユニークで可愛い、白い帯にトンボを散らして、気持ちの良いレストランでシャンパンなどいかがでしょう?
d0138852_13225939.jpg

 ・絹紅梅「わ散らし」、こちらクリックでご覧ください
 ・絽綴れ八寸帯、こちらクリックでご覧ください 
 ・帯留「景うるむ(バニラの恋)、こちらクリックでご覧ください

③絹紅梅「竹に笹流れ」 × 麻八寸帯(柿) 
 爽やかな若草色の絹紅梅に、気軽な八寸の麻帯でコーディネートしてみました。
 花火観賞のホームパーティやビアガーデンで、若々しくはつらつとした夏の装いが目をひきます^^
d0138852_13282468.jpg

 ・絹紅梅「竹に笹流れ」、こちらクリックでご覧ください
 ・麻八寸帯「柿」 (現在お店にございます/お値段 お仕立て込39,800円)
 
④絹紅梅「菊唐草」 × 紗献上博多帯  
 可愛らしくて夏らしいコーディネートにしてみました。
 夏の街遊び着に!浴衣とはひと味違う絹紅梅で、浴衣より涼やかに、着物上級者を目指しませんか? 
d0138852_1331176.jpg

 ・絹紅梅「菊唐草」、こちらクリックでご覧ください
 ・紗献上博多帯、こちらクリックでご覧ください

⑤絹紅梅「かすり」 × 小千谷縮名古屋帯「ヨーヨー」 
 暑い夏にもホッとするのは「かすり柄」、淡い卵色に薄い藍色の麻帯が日本の夏にぴったりです。
 暑気払いはもちろんですが、ちょこっとプチ旅行にでもお出かけしたくなりますね^^
d0138852_13391533.jpg

 ・絹紅梅「かすり」、こちらクリックでご覧ください
 ・小千谷縮名古屋帯「ヨーヨー」、こちらクリックでご覧ください

 ところで、 絹紅梅の下は何を着るの!?
 というご質問にお応えして、こんな長襦袢もご紹介しています。
 気軽に着られる「絹紅梅」には、気軽に洗えて肌触りのよい長襦袢が便利です。

 本麻の長襦袢「鳥獣戯画柄」です。
 吸湿性が良くて肌がべたべたしない!、放熱性が高いので体温を放出してくれて涼感がある麻の長襦袢は、暑い真夏には大活躍してくれます。おまけに自宅で洗えます^^v そして、絵柄がかわいい~!!
d0138852_177812.jpg
d0138852_1711991.jpg
d0138852_17111782.jpg
 お値段はお仕立て別税込で26,000円です。

 お店では、他にも定番でご用意している、海島綿本麻の仕立て上がり二分式長襦袢などもご紹介しています。 (こちらクリックでご覧くださいませ)

 『絹紅梅』は7月~8月の真夏が活躍の季節です!
 今からお仕立てしてちょうど良い!!
 今年の夏は見た目も着心地もとっても涼やかな絹紅梅を試してみませんか?

 
 
by someichie | 2010-06-15 17:26 | 夏のよそおい | Trackback | Comments(0)

メロンシャーベットアイスの夏(ひとえ)コート

 いよいよ6月に入りますが、いかがお過ごしでしょうか?
 今日はちょっと、当店のちょっぴり新しい試みのお知らせです。

 皆さま、帯つきの季節、「シースルーコート」はお召しになられますでしょうか?
 雨コートで代用!なんてこともよろしいのですが、せっかく着物や帯をお洒落するのに、あまりに安っぽいコートではお洒落が台無し・・・なんて、ちょっぴり困ったお洒落さんへ!が本日のお知らせです^^

 当店は「江戸小紋の専門店」なので、なかなか江戸小紋でシースルーコートというのは難しいのではありますが、今回のは少し応用編でご紹介でございます!

 まずはその反物はこちらemoticon-0148-yes.gif
d0138852_15494630.jpg

 こちらの反物は、当店オリジナルの生地とデザインなんですよぉ~^^
 生地は『小地谷紬』、染めは型染め(引き染め)で仕上げています。
 
 「小千谷」は、縮(ちぢみ)の産地としてとっても有名です。
 縮といえば、小千谷!なんて^^
 「縮」とは、「しぼ」と呼ばれるシワのある麻の織物のことです。
 緯糸(よこいと)に強く撚(よ)りを掛けて糊で固めて織り上げた後、お湯につけて糊を洗い流すと、その撚りが戻って「しぼ」ができます。シャリ感があって涼しい小千谷縮は日本の夏にとっても愛される織物です。
 日本海の湿った空気が糸を強くするために、縮の製法に適していたようです。

 小千谷は、「撚り糸」の技術、それによる「しぼ」のある織物の技術に優れています。
 「小千谷紬」は、その「縮」の製法を絹の糸に取り入れて発達しました。

 撚り糸によりできる「しぼ」は、その凸凹により風通しを良くしてくれますので、冬は暖かく、夏は涼しく、快適で肌触りの良い織物に仕上げてくれるのです。ちょっと嬉しい^^

 そして、今回のオリジナルの生地は・・・
d0138852_16131754.jpg
 経(たて)糸・緯(よこ)糸とも一定間隔で撚糸を織り込んで、透けて立体感ある格子模様をつくりあげています。格子のデザインがとっても涼やかで、凹凸により大変風通しも良く、肌触りの気持ち良い生地です。
 
 その生地に、幅1尺5分の型を使って生地全体にドット柄(江戸小紋の「通し」柄よりも荒い柄)の防染をほどこして、刷毛で引き染めしています。
 格子柄の地に白く抜けたドットの柄がのることで、よりデザイン性もアップ、清々しさもアップでございます^^v お色は、きっと写真よりも断然実物の方が透けるようにキレイなメロンシャーベット色です。
d0138852_1623405.jpg
d0138852_16234992.jpg

 
 今回は、このメロンシャーベットアイスの色!?に染め上げてみました!
 実はこの生地に、お客様のお好きなお色でドット柄をお染めすることができます。
 HPではこちらでご案内しています(クリック) 。


 ということで、
 本ブログをご覧くださいました方へ♪
 上記の反物「小千谷紬 着尺」 上記の一反に限り 
 通常価格は210,000円なのですが→はじめての試み価格、189,000円!(お仕立て別)


 実はこれ、シースルーコートにおすすめ^^vではありますが、すんごい暑がりさんには、夏着物にもお仕立てできますので、どうぞご相談くださいませ。
 
 命名 「メロンシャーベットアイスの夏」。。。ヒンヤリ涼しくて、美味し~い色です。

 ぜひ、シャリシャリ気持ちの良い手触りも、確かめに来て下さいね^^v
 
by someichie | 2010-05-31 16:53 | 夏のよそおい | Trackback | Comments(0)

かんざしで、簡単涼しい夏ヘアのご紹介^^

 8月に入り、近畿東海地方もようやく梅雨明けとのこと。
 やっと夏らしい8月になるのでしょうか?
 いかがお過ごしでしょう~emoticon-0157-sun.gif

 毎年、暑い夏には、アップヘアは欠かせません。
 お店にも、皆さま、とっても器用に色々なオリジナルのアップヘアでいらしてくださいます。
 すごい、すごい♪♪

 でも、いつもはすぐにできるのに、よりによっての朝、ぜんぜんきれいにできなくて、もう出かけられない~!!なんてことがあったりしませんか?
 皆さまはどうなさっていますでしょうか?

 さて、私は、このところ、かんざしアップヘアが超簡単お気に入りです。
 時間がない朝は(いつもですが)、かんざしヘアでお店にいます。

 近頃、夏になってから特に、「その髪型、“かんざし”でどうやってアップにしているの?」 という質問を良く頂きます。

 ですので今日は、大変せんえつではございますが^^;このブログで
 「夏におすすめ!とっても涼しい&超簡単かんざしヘア」デモンストレーション
をやっちゃいます^^v

 では、早速・・・
 おっと、その前に!
 ご用意頂くかんざしは、固くて折れにくいものがお勧めです。髪を巻きつけて酷使するので、かわいい飾り用の華奢なかんざしだと折れてしまいます。ご注意ください!!

 では、どうぞ~emoticon-0148-yes.gif

①まず、髪を一つにゴムでしっかり、きつめにまとめます
 店長の髪の長さはこのぐらいですが、あと10㎝ぐらいまでなら短くてもOKです。もちろん店長よりもっと長くても大丈夫!
 さあ、はじめましょう~
d0138852_151017.jpg

②縛ったゴムを持って10cmぐらいゆるめます。
d0138852_1511124.jpg

③ゆるんだ髪の束を上にねじりあげます。 (夜会巻き風)
  店長は左にねじる癖がありますが逆にねじっても大丈夫。(逆ねじりの場合はこの後すべて逆になります)
d0138852_1513785.jpg

④ねじり上げたゴムのある部分が少し膨らんでいて、髪の密度も高くなっています。そこにかんざしを差し込みます。
d0138852_1515753.jpg

 ゴムを巻いたすぐ下あたりが差し込みやすいです。
d0138852_1531050.jpg

⑤差し込んだかんざしを持って、少し左回り(逆の方は右回り)に余った髪を巻きこみながら、かんざしを垂直に立てます。 (ここがちょっと難しいかな・・・)
d0138852_15223844.jpg
d0138852_1534042.jpg

 髪がひっぱられるので、かんざしは抜き気味にしながら(決して抜いてしまわず)回すと良いです。
d0138852_1534940.jpg

⑥地肌につきささないよう気をつけて、かんざしを下に差し込みます。
 留まりが良いところを感触的に見つけて下さい。どこかで留まります。
 留まらなくて、かんざしが落ちちゃうなら、④の指す場所または巻き込み方が甘い可能性があります。
 地肌に触らないよう髪と髪の間に差し込むと一日中圧迫感がなく過ごせます。
d0138852_154357.jpg

⑦かんざしの先端が外に出ないところまで、かんざしを挿しこんでできあがり。
 髪が長くて、髪の毛の先っぽがピョンピョン気になるならば、Uピンなどで内側に入れて隠し留めしてください。浴衣ならピョンピョンもかわいいですよ!

⑨出来上がりはこんな感じです。
d0138852_1541551.jpg


 慣れるとゴムがなくてもできるようになり、かんざしを抜くとハラっと髪が落ちる色っぽい仕草ができますが^^、お出かけ途中に崩れたら不安なんて時には、やっぱりあらかじめゴムで縛っておくと、しっかり留まります^^v

 どうでしょうか・・・・?
 難しいですか?
 言葉で説明すると難しいように思うのですが、やってみると、え~っ、意外や意外!全くそんなことはございませんのです。

 ぜひチャレンジしてみてくださいね^^v


 追伸
  えっ~??店長の着ている浴衣が気になるって!? また~そうきますかぁ?
  夏休みの店長日記にて^^v  
http://somesan.exblog.jp/11746661/
by someichie | 2009-08-03 16:05 | 夏のよそおい | Trackback | Comments(2)

絹紅梅が揃いました。

大変お待たせいたしました。

染一会オリジナル絹紅梅 2009年版が揃いました。

「むじな菊」 
昨年のむじな菊とはちょっと趣をかえた涼やかな「むじな菊」はいかがでしょう~!?
d0138852_16592119.gif

「かすり」 
去年にはなかった、こんな色柄の絹紅梅もちょっと良いでしょ!?なんか落ち着きませんか!?
d0138852_1702040.gif

「菊唐草」
これは可愛い~と柄選びの時から思っていました。地色がシックな藍色なので大人の可愛らしさと涼やかさんが演出できます!
d0138852_1721088.gif

「流水」 
シックでしなやかな色と柄です。写真より実物の方がだんぜん良いのですが・・・
d0138852_1731879.gif

「竹に笹流れ」 
清々し~い、こんな色の絹紅梅はちょっと珍しい!でも、若々しくって涼やかではないでしょか!?
d0138852_1744489.gif


 昨年もブログでご紹介したようなのですが、改めて、「絹紅梅」とは!?
 実は、「紅梅」には関係ないのです!
 「紅梅織り」は、細い糸と太い糸で織られているので、生地の表面に凹凸できることから、本当は「勾配織り」と言われていました。
 でも「勾配」ではあまりにも情緒がないということで、昔の人が「勾配織り」のことを「紅梅織り」と、あて字をつくったようです。
 この凹凸のおかげで肌にべったりとひっつかず、程よく隙間から風が通ります。
 当店の生地は、細い糸(絹)と太い糸(綿)で織られている、軽くてしなやかな「絹紅梅」です。
 とっても涼しくて、とにかく軽い!
 蒸し暑い日本の夏に、とても適した織物です
d0138852_11553043.gif


 どれもこれも一点ものですので、もし無くなっちゃって同じ色柄を、とご注文頂いても、再度お染めすることは出来ないのです。。。ごめんなさい。

 今日からお店で5点揃ってお目見えいたしました。
 どうぞお散歩ついでにご覧になりに、ぜひ肌ざわりを確かめにいらしてくださいませ。
 ホームページでも全てご紹介しております。
 お暇な時にぜひぜひ、どうぞ!

 絹紅梅の下着は、麻や絽の長襦袢がお薦めです。
 とにかく涼しく過ごすには、麻がなによりおすすめ^^v
 次回はとっても涼やかな麻の長襦袢(2分式で、お仕立て済み)をご紹介いたします。

 
 今日は久しぶりに暑かったですね。emoticon-0157-sun.gif
 寒かったり暑かったり・・・、どうぞ体調管理にはくれぐれもお気をつけてお過ごしくださいますよう~
 そろそろ梅雨入りも近いようですし。。。
 
by someichie | 2009-06-07 17:21 | 夏のよそおい | Trackback | Comments(0)

とっても爽やか縮緬(ちりめん)地に染めました!

当店の盛夏の江戸小紋は、駒絽という生地にお染めしています。

でも近頃あらたに、染め職人の石塚さんから、「こんな生地もあるよ~^^v」とお試しに染めて頂いた夏の反物をご紹介します。

特徴1.「とっても爽やか!」 
 サクサクとして、シャリ感があり、とっても気持ちの良い肌ざわり!さらさらで真夏にも快適です。
特徴2.「高級感がある!」 
 駒絽の生地より100グラムぐらい重めで、夏の訪問着や附下げなどにも使用される生地なので、ちょっぴり高級感があります。
特徴3.「ひとえの時期にも着られちゃう!」 
 本当は盛夏用の生地なのですが、絽と違って絽目が透け透けで、見た目にいかにも盛夏!9月にはどうなの?という心配が少ないです。
 ですので、ひとえを着なきゃいけないのに、でもまだ暑い6月や9月、暑がりサンには重宝です。

「お試しに染めた」と言いましても、30㎝の「お試し染め」ではなく、ちゃんと1反染まっています
ですので、ご希望のお客様には、すぐお仕立てさせて頂くことができます。

2色2柄ありますので、まずはこのブログでご紹介!!

こちらは、『大小あられ』文様、若草色で染めました。
メロンシャーベットのような、しっとりとした染めあがりが美しいです。
では、どうぞ~
d0138852_18595413.gif

d0138852_1901776.gif

d0138852_1903675.gif


そしてこちらは、このところ色柄ランキングでも上位を占める『波』柄、水色で染めました。清々しくてとっても爽やか、夏の装いにぴったりの一枚です。
さあ、どうぞ~
d0138852_19135326.gif

d0138852_1953159.gif


いかがでしたでしょうか?
どちらもお値段は、染めあがり価格で、178,000円です。
通常の駒絽にお染めした場合は148,000円なのですが、生地代が3万円分お高くなります。
その分、長く着られて、爽やかで、高級感もあり、ちょっとお得なご提案!

今すぐ仕立てて、6月下旬~7月初めにはお届けできます。
現在お店にございますので、実物を触ったり、あわせたりして頂けます。

ご遠方の方でお手元でご覧になりたい方は、いつものように、まずはメールでご一報くださいませ^^v
by someichie | 2009-06-05 19:10 | 夏のよそおい | Trackback | Comments(0)

2009夏 染一会オリジナル“青山涼し 絹紅梅”

d0138852_18244221.jpg

いよいよ6月に入りました。
そして、夏も間近となりました。
今年はちょっと遅くなってしまいましたが、やっと『絹紅梅』が染めあがり始めました。
今年も5パターンをご用意いたします。

大変お待たせいたしました~!

今日は、まず2点をご紹介します!!

こちらは爽やかな若草色に、竹と笹がさらさら揺れる“竹に笹流れ”です。
ちょっと素敵な色です。

d0138852_18262637.jpg

画面上で色をお見せするのは本当に難しくて・・・
若草色の実物はもう少し綺麗な色なのですが…ちょっと残念!

竹と笹がさらさらと風に揺れる、ちょっぴりかわいらしく、ちょっぴり色っぽく、目を惹く文様です。

こんな麻帯を合わせても可愛らしい^^
どうでしょうか?
d0138852_1827403.jpg

*帯はこちらでご覧ください
 麻の帯は、もう残りこれ1点となりましたので、どうぞお早めに!



そしてこちらは、ちょっと粋でシックな“流水 ryu_sui”です。
大きく波うつ流水がとっても涼しげで大人っぽくて、思わず惹きつけられます。

d0138852_182971.jpg

流れる涼やかな水の上に、トンボが涼を求めて遊びに来たりして!
日傘をさして、涼やかにお出かけしませんか?
d0138852_18293330.jpg

*夏の間大活躍の便利な絽つづれの帯はこちらでご覧ください


『青山涼し 絹紅梅』のお値段は、どれも72,000円です。
お仕立ては、居敷当て付きで22,000円居敷当てなしで25,000円です。


昨年2008夏の絹紅梅は残り1点です。
モダンな「わ散らし」は、65,000円にお値下げしてご紹介中です。


2009夏版の残る3点は近々に染めあがります。

「ベージュ地に焦げ茶の絣柄」「大輪の花を咲かせる菊唐草」「みんなが好きなムジナ菊」


今年は昨年より少し、可愛らしさとか色っぽさとかをプラスしてみました^^v

皆さまのご意見ご感想を早くお聞きしたいと思います。

染めあがりましたらすぐにご紹介いたしますので、どうかご期待下さいませ。
by someichie | 2009-06-02 18:36 | 夏のよそおい | Trackback | Comments(0)

ひとえの準備は大丈夫!?

初夏の陽気が続いていますemoticon-0157-sun.gifが如何お過ごしでしょう?
先日の土曜日には、着物でお店におりましたが、暑い~暑い!
今年始めて冷房を入れました。
こんな時期だからか、週間アクセスランキングも寒色系や涼しい柄が上位となってます。

この調子ですと5月には、「あわせ」では「もう暑くてたまらない!」なんてなりかねません。。。
皆さま、「ひとえ」の準備はいかがですか?
汗はシミの大敵!くわばら、くわばら。
少しでも涼しく過ごしたいものです。

当店でも「ひとえ」のご提案の真っ最中です

どの色柄でも「ひとえ」をおつくりできますが、昨年末に雑誌「七緒」の取材のためにつくった
5色5柄をHPでもご紹介しております。

【5色5柄の人気アクセスランキング】
ダントツの1位は若草色、渦巻き文様
ゆるぎない2位は水色、大小あられ文様
3位からは、入れかわりが激しいのですが・・・
だいたいの3位はしっとり色、ヨロケ菱市松文様
どうしてか4位は粋な色、氷割文様
秋草なので5位なのか萩とススキ文様となっています。

d0138852_17432092.gif

「やっぱり~納得!」でしょうか?
「えっ~なぜ~?」でしょうか?

店長の私は・・・
個人的には3位と4位が甲乙つけがたい好きな色柄です。
この2点のアクセスが上位に来ないことに少々がっかりしておりますところで・・・
ということで、無理やりご紹介!
d0138852_17441335.gif

この「ヨロケ菱市松」は、グレーとベージュのほんのりとしたコントラストの組み合わせで、遠くから見るとほんわかと浮き立つ柄です。HPではこちらをクリック
上品で涼しげな印象を与えてくれる 「しっとりとした大人ひとえ」におすすめです。
さらにHPのお見本では、裏しごき(裏染め)には「雪月花」の柄をを染めています
裏染めも風情のある素敵な一枚にいかがですか?

d0138852_17453621.gif

そして、こちらの「氷割(こおりわり)」の文様は、シックで粋な色柄の組み合わせです。
白の部分が多いので、とっても涼しさを感じさせてくれます。
HPではこちらをクリック
HPのお見本では、裏しごき(裏染め)の「観世水」が、またまたカッコイイです。
ちらりと裾から、袖口から見える粋なコントラストがたまりません。
涼しさと、気風の良い、粋な大人らしさを感じさせてくれる、「カッコイイひとえ」はいかがですか?

どうでしょう~??

お時間がありましたら、ぜひお顔うつりなど、気楽なお試しにお越しくださいね。emoticon-0100-smile.gif


ところで、もう「潮干狩り」の季節ですね。
d0138852_17491961.gif私の生まれた三重県北部の伊勢湾沿いの海岸には、潮干狩りスポットがいっぱいありました。(今でもあります^^v、たぶん)
温暖で穏やかな砂浜の海岸は、海水浴や潮干狩りに適するのんびりとした場所です。
しかし・・・あれからもう・・・どれだけ経ってしまったのだろう・・・
あの、あたたかくてやわらかい砂の感触は、まるで夢の中の出来事だったかのように、
はるか遠い記憶となってしまいました。

春に吹く「貝寄せの風」という風があるそうです。
海岸に貝を吹き寄せる春の風だそうです。

江戸小紋にもこんな柄があります。
HPではこちらで→「貝尽くし」
d0138852_17522448.gif
                              『貝寄する 風の手じなや 若の浦』(芭蕉) 


週末には、ぶらりと潮のかおりを求めて出かけてみたい気分になりますね。
あっ~ダメです!当店は今週の土日は営業しております!ので残念ながら店長は店番です。
仕方がないので、アサリのパスタでも作って気分だけ味わってみるとします。


さてさて、
ということで、今週末は18日の土曜日も19日の日曜日も営業しております。

ちょっと急いで、「ひとえ」のお支度、はじめて下さいね
by someichie | 2009-04-14 17:53 | 夏のよそおい | Trackback | Comments(2)

ひとえに注目

d0138852_13312819.gif そろそろ季節が変わりはじめました。emoticon-0155-flower.gif

 少し気が早いですが、あっという間に時がすぎてしまいそうなので、早め早めがちょうど良い!emoticon-0100-smile.gif

 ということで、 「春から初夏。衣替えの新提案」(「七緒」春号)」です。

 雑誌『七緒』’09春号では、当店からも「ひとえ」のご提案をしています。 

 現在発売中ですので、ぜひ本屋さんにお立ち寄りになられましたら、ちら見なさって見て下さい

 本屋さんへ行くお時間のない方のため、今日は早速このブログでご紹介します。
 
 当店は、伊勢型紙で染める「お誂え江戸小紋」の専門店です。

 「カジュアルもOKの、上品系やわらかもの」
 「枚数を持たないなら、便利でおしゃれな江戸小紋をひとえに」 (「七緒より」)

 をご提案しております。
d0138852_13421819.jpg

d0138852_13435316.jpg

d0138852_13422988.jpg

d0138852_1344776.jpg

 6月と9月、たった2ケ月だけが出番の「単衣(ひとえ)」ですが、近頃は5月や10月、ともすると4月の下旬にも暑い日があって、「単衣を着ます」とおっしゃるお客様も少なくありません。

 温暖化でしょうか・・・?。
 今年も暑そうですね~。
 どうやら今年も「単衣(ひとえ)」の出番が早まりそうです。 

 江戸小紋はフォーマルからカジュアルまで帯を変えるだけで幅広くお楽しみ頂けるとっても重宝な着物です。
 蒸し暑い時期にどんな行事が突然やってきても、さらりと上品で涼しげな「江戸小紋」が一枚あればとても心強くいられます。
 もちろんカジュアルにも大活躍ですから、汗ばむ初夏や初秋にさんざん着て、涼しい季節が廻ったら、生き洗いできれいさっぱり汗を流してあげましょう~なんと清々しい~。
 
 お店では、そんな季節にきれいにお召し頂ける、たくさんの色柄を揃えています。
 枚数を持たないからこそ、「とってもお気に入り」の一枚を見つけて頂きたいのです!


 そして、この季節には、「両面染め」で「見せるともなく見える」単衣(ひとえ)の季節の粋なお洒落をご提案しています。
 「七緒」さんでご紹介頂いている色柄はホームページでもご紹介しています。
 こちらからご覧ください。
d0138852_1432666.jpg


 
 当店では、ご注文頂いてから
 「染め」+「お仕立て」に、1ヶ月半~2ヶ月を頂戴いたしております。
 5月じゅうの仕上がりには、3月じゅうにご注文頂けますと安心です


 近頃は、あっという間に時が過ぎてしまうわ。
 そうか、そろそろ「単衣(ひとえ)」の準備ね。
 早め早めでちょうど良い。。。
emoticon-0144-nod.gif
 
by someichie | 2009-03-09 14:16 | 夏のよそおい | Trackback | Comments(0)