染一会いろいろ「お客様写真集」

someichie.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

フランス縞に葵の帯~紫×緑センスの光るコーディネート

 いよいよ12月、今年も残すところ1ヶ月となりました。
 寒さも進み街は華やぎをます頃でございますが、お着物でのお出かけ機会も増える頃です。

 本日のお客様は、土曜日の夕方、お出かけ前に素敵な着姿をご披露下さいましたK様です。

 「フランス縞」文様の江戸小紋、お好みの紫色でお誂え頂きました。

 ※画像はクリックで拡大します。大きくしてご覧ください。
d0138852_14401986.jpg

 K様がお誂えをご注文下さいましたのは、今年のはじめ、寒い寒い季節でした。紫色がとってもお好きということで、店内にご用意している見本の紫ともちょっと違う、色だけ見本帳で大好きな紫をお探しして、「お試し染め」から始めて下さいました!

 「お試し染め」は、店内にご用意している色×柄のお見本とは違う組み合わせをご希望の際に、ほんの30cmほどですが、試し染めを承っておりますサービスですが、たった30cmでも職人さんが型付けをして色をお作りして染めますので約2週間~3週間頂戴しております。

 そして、染め上がりをご覧下さり、大変お気に召して頂きまして、本染めです。反物に染めてお仕立てして、お届けしたのがGWの頃でした。袷の季節ギリギリ間に合って、でもあっという間に単衣の季節、夏が過ぎ、やっとやっと、お召しの着姿にお会いすることができました。

d0138852_1652066.jpg

 「フランス縞」は、とても人気の文様です。
 まっすぐの縞文様とも、波打つヨロケ縞とも違い、ゆるやかな曲線の束がところどころで交差しながら、どこまでも続く、たおやかで美しい文様です。

 あわせて頂いた帯は、西陣の老舗「梅垣織物」さんの袋帯、KATAGAMI styleシリーズの「葵」です。とてもモダンな柄ですが、実はこれは伊勢型紙由来の柄です。型紙は海を越えてヨーロッパのテキスタイルに多大な影響を及ぼしました。この葵は、ルイス・ファアマン・ディが階段室の壁紙を西陣の最新技術で帯に仕上げた作品です。

 K様は、お着物ライフを始められてまだ日が浅いというのに、袋帯を可愛い角だし結びに結んで下さいました。「紫」×「緑」、この組み合わせがとってもお好みなのですが、紫の色味と緑の色味の組み合わせが大変に素敵でお上手です。粋すぎない粋可愛いセンスにちょっとドキッといたします(^-^)

d0138852_151118.jpg

 大人の女性の粋な美しさに、どこかしら可愛らしさのあるコーディネートは素敵な個性が光りますね。衣紋がとてもきれいに抜けていて、後姿も大変に素敵だったので、もう一枚!

d0138852_1545952.jpg


 まだまだ、お着物ライフはこれからです!とおっしゃるK様ですが、もう随分と板についたお着物美人さんなのです。お着物をはじめた頃は、あれもこれもと頭の中のタンスがすぐにいっぱいになりそうですが、お家のタンスが少しずつ、大好きなキレイなものに満たされていくのは、何よりも心の踊る楽しい頃でございますね。

 K様、この度はお出かけ前にお立ち寄り下さり誠にありがとうございます。お着物でのお出かけ機会の多くなる年末年始がはじまりました。うんとお洒落してワクワク楽しんで下さいますように(o^^o)
 


*お知らせ* 
 お店では、お客様おあつらえ写真集にご登場頂けますお客様をお待ちしております。
 どうぞぜひ、おあつらえ下さいましたお着物で、遊びにいらして下さいませ!!
 または、ご着用のお写真をお送り下さいましても嬉しいです。
 (お顔NGの場合はそのようにさせて頂きますのでご安心を)
 楽しみにお待ち申し上げております   
by someichie | 2016-12-01 15:54 | お客様のお誂え写真集 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://someichie.exblog.jp/tb/23682667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。