NEW POST

単衣に「秋草」~爽やかな秋風感じるお誂え

 9月後半になって、やっと秋晴れの日がやってきました。
 そんな週末、ニコニコお訪ね下さいましたお客様が、鮮やかな単衣の江戸小紋をご披露下さいました。

 「秋草文様」の江戸小紋、ビビッドな若草色でお染めしましたN様です。
 (下記の画像2枚はクリックすると拡大しますので、柄の感じは大画面でぜひご覧ください)
d0138852_1358611.jpg

 気軽に着られる江戸小紋をつくりたいです。そうご来店下さいましたのは春先のこと。 
 最初のご相談の際には、全然違う「南天」なんて柄をお気に召して頂いていたN様だったのですが・・・(南天はこちら→http://www.someichie.jp/SHOP/OR12057.html)お家に帰られてから、しばらくして、店内で最後にご覧になった「秋草」への思いが浮上!?「秋草」だったら単衣にしよう!そんなことから、具体的なお誂えのご相談が始まったN様でした。

 実はこの「秋草」の柄は、店内でご紹介している江戸小紋染めの帯揚げの色柄です。ビビットな色がお似合いになるN様には、こんなのも似合うね!なんて何気なくお話していたのでした。
d0138852_14125494.jpg

 「秋草」の文様は、大胆な秋の草花を錐彫りで表しています。ちょっと見た目では、これ江戸小紋?なんて思われてしまうかもしれませんが、良く見ると秋草のシルエットは細やかな点々で描かれています。
 鮮やかな若草色で染めて、春の単衣も秋の単衣もお楽しみ頂けます。
 帯揚げと同じように、裏も綺麗な檸檬色で染めています。

 大胆な柄のようですが、一色の濃淡で描かれていますので、大変に上品です。
 明るい若草色が単衣の季節にはとても爽やかで、初秋らしい朱色の帯揚げが効かせ色ですね。
d0138852_13575821.jpg

 初めてご来店下さるお客様は、あれもこれも色々とお顔映りを確かめたりしてお下見して帰られる方が多いのですが、二度目にご来店下さる時に、あれ?最初お話していたのとは全然違う、なんてことが多々あります。どうやら帰り間際などにチラ見した色柄が、お客様の心の片隅に焼き付いて、やがてそちらに思いが奪われて、ガラッと違う色柄のお誂えに決定される!そんなお客様もとってもたくさんいらっしゃいます。不思議ですが、そういうこともあるから、やっぱりお下見は大事です(^-^)v

 N様、この日はドイツ語のレッスンだったり、休日の会社に出勤してお仕事しちゃったり、そしてこのあとは歌舞伎鑑賞だったり、充実した秋の休日を「秋草」のお着物でお過ごし下さいました。
 時々は旦那様と一緒にお出かけなさったりして、旦那様もお着物を着てると何となく嬉しそう~なのだそうで、とっても和やか。お休みの日にはお二人で、山歩きだったり、着物デートだったり、楽しまれているとのことで、想像するだけで嬉しくなるN様のお着物ライフです。

 やだ恥ずかしい~なんておっしゃっていらっしゃいましたが、ほら、秋の陽射しに映える鮮やかで美しい着姿の完成です。今度は「秋草」でデートにお出かけくださいね(^-^)v
d0138852_13581441.jpg


 単衣の季節はちょこっと冒険して、こんな珍しい江戸小紋も素敵ではないでしょうか!?
 こちらの「秋草」の文様見本は、店内にて「帯揚げ」でご覧頂けます。

 N様、この度はおたち寄り下さり、着姿をご披露下さいまして誠にありがとうございました。
 いよいよ秋本番、お着物でのお出かけも気持ちの良い季節でございますので、ぜひ秋のお着物ライフ、楽しくお過ごし下さいませ。


*お知らせ* 
 お店では、お客様おあつらえ写真集にご登場頂けますお客様をお待ちしております。
 どうぞぜひ、おあつらえ下さいましたお着物で、遊びにいらして下さいませ!!
 または、ご着用のお写真をお送り下さいましても嬉しいです。
 (お顔NGの場合はそのようにさせて頂きますのでご安心を)
 楽しみにお待ち申し上げております   
トラックバックURL : http://someichie.exblog.jp/tb/22241302
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by someichie | 2015-09-29 14:57 | お客様のお誂え写真集 | Trackback