NEW POST

春の陽もニッコリ~AKI様のおあつらえ

 昨年の3月、まだ冬の寒さが残るけれど、日差しはもうたっぷり春!という季節、素敵な淡い色の春コートをお召しのお客様がいらっしゃいました^^
 春めいたキレイな色の春コート、透けるような色白のお客様をお迎えして、「あ~もう、すっかり春ですね~」と、まぶしくて目を細めながらお迎えしたことを良く覚えています。

 お客様は横浜からいらして下さったAKIさま。
 「このコートの色のような鮫小紋をつくってみたいです」とおっしゃって。。。
 しかしそれは、ほんのわずかな色味の、とてもとても、薄い薄い色でした。
 こんな風に、ごくほんのり青みのさした空を見たことがあるような気がしましたが、それはいつだったのか・・・

 ともかく、わかりました!当店の色見本にはない色ですので、「お試し染め」をいたしましょう~!
 でも、そのコートをお預かりするわけにまいりませんよね~。
 すると・・・、はんなりおっとりとした様子のお客様でしたのに、「大丈夫!はさみを貸して下さい」っておっしゃって・・・、なんとビックリ、裾で折りかえしてまつってある縫い代の部分をジョキジョキ・・・。
 「はい、これで色あわせしてください」 なんという潔さ! 
 了解つかまつりました^^v ということで、イザ「お試し染め」!!
d0138852_15503871.gif
 薄いグレーとも水色ともつかぬ淡い色に「中鮫」を染めました。
 こんな淡い色は、本当に鮫の光沢が冴えて、光の加減でキラキラ光る、鮫の魅力を存分に味わうことができます。せっかくの鮫の柄がよほど近くまで行かないとわからないじゃない!とおっしゃる方もいらっしゃるかと思いますが、その「よほど近くまで行かないとわかない」ところが、江戸小紋の贅沢な魅力の一つでもあります^^v

 「お試し染め」をお気に召して下さって、「これから夏になるのでゆっくりでいいわ」とのお言葉に甘えて、それからゆっくり一反を染めて、着物になって仕立て上がってみますと、淡い色が集まって一つの色が完成して、それはそれはキレイに輝く鮫小紋になりました。
 納品させて頂いた頃はもう7月に入っていました。

 それから、たまに他のお客様にもこの「お試し染め」をお見せしたりしながら、夏を越えて秋も過ぎ・・・突然の昨日の昼下がりでした、のれんの下から覗いた着物の裾を見た瞬間!あ~AKI様だ! 
d0138852_16132781.gif
d0138852_1681663.gif
 お正月ということもあり、帯は宝尽くしに松竹梅の唐織りの袋帯。
 とても暖かかったこの日、もう一色お好きな色?これまた淡い淡いサーモンピンクの羽織でコーディネート。
d0138852_1613116.gif
d0138852_11411081.gif
 お天気が良くて、お店の外で撮影させて頂きましたので、陽の光が射してとても美しく☆、近所の方もモデルさんの撮影?なんて、振り返ってニコニコです^^ 

 あのコートをジョキジョキされた頃から思いますと・・・こうしてお召し頂いてお目にかかることができたなんて、本当に感無量でございます。AKI様、まことにありがとうございました。


 ところで、ずっと考えていたのですが、こんな色の空をどこで見たのだろう~?について。。。
 たしか・・・いつの日かの旅の途中、明け方に見たの雲の上の空、遠くから注がれる太陽の光で白く輝いている空だったような気がします。

 まだまだ寒い日が続きますが、日差しは春めいて、もう間もなく春の花も咲きましょう~。そんな明るい期待に包まれるようなAKI様ご来店の日でした056.gif
 
トラックバックURL : http://someichie.exblog.jp/tb/10686369
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by someichie | 2010-01-21 16:44 | お客様のお誂え写真集 | Trackback